記事一覧

No.0374 経済市場の観察結果

2002-11-20
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0374
*======================*
作成 2002-10-07
課題 経済市場の観察結果
副題 2002-10-07 <日記> 記載

 ・・・日経株価指数が8700円を割りました♪
σ(^・ω・^) ボクの予測では、8500円ぐらい迄、
低下する可能性があるとの事が当ってしまった!

(−”ω ”−;)ムムッ 嬉しくないんだけど、、笑

 でもってこの低迷する株価の原因を色々と考えて
みました。西洋市場における妨害工作? それとも、
世界的にも広範囲で広まっている宗教団体での陰謀?

 とか考えていたら、次の項目が怪しいのだ!

1.株取引における税制改革
源泉徴収制度への変更におけるタンス株券の売り煽り。
これは、株式の売買取引における税制改革によって、
源泉分離課税(売買時に税金を納める)と申告があり、
源泉分離の場合、申告(確定申告時に清算をする)と
比べると税金支払い利率が安くなる。
 これに伴ない、タンス株券と言われる祖父祖母等に
譲り受けた株券などの利益確定を行う事で税金対策を
図ると言う物なのですが、これにより一気に全銘柄の
一斉の売りが出ることが明確になります。また、購入
現価から利益が出ていない場合には、無条件で申告の
方にしておけば税率が掛からない事からも使い分けて
売買を行うのが基本となっています。しかし、財産の
一部として購入している株券の株主の殆どが、売買に
関する知識を把握しておらず、証券会社の支持にて、
その殆どが売りに出されると考えられる。これにより、
年末までは、『売りの市場』となってしまうのだ!

 TVやニュースなどでは、アメリカ市場の影響だと
言っているのですが、国の税制改革での責任転換的な
宣伝行為だと考えています。まぁ〜でも、制度的には、
良い物なんだけどもねぇ。

 また考えられるのが、証券会社からの指示としては、
売買手数料で利益を得ているので、まず源泉で売らせ
安い優良株を買わせる手段をとる可能性があります。
 その時期が11月以降だと言う事を説明していると
考えられますが、どうですか?
 財産型手持ち株が売られ切る時期を11月と定めて
それ以降の下落した優良株を一斉に一斉に買戻させる。
それによって、例え上がっても十分に基が取れますと
説明されるはずなのですが、、、どうでしょうね?

 まぁ〜何にせよ、利益が出るなら良いのかな?

2.中国株の大暴騰
現在、中国では、株式における市場が大繁盛中!
世界視野では、既に日本の株よりも中国株の方が
魅力的である。よって世界市場的には、日本など
前々眼中に無い筈、しかし怖いのが外国企業から
一銘柄の株数を一気に買い取られてしまう事で、
乗っ取りが行われる可能性があると言う事です。
 特に、中国、韓国、台湾などのアジア地区や、
ドイツ、フランス、イギリス、アメリカなどが、
どう出てくるのかが心配なところなのですが、
世界市場全般でも、低迷と言う錯覚を鵜呑みに
している投資家が多い事から、その率わ少ない。

3.空売り規制
空売りにおける規制が行われていますが、その
規制が何の役に立っているのかが不明な所です。
この「空売り」は、「信用売り」が正式名称。
信用売りとは、証券会社より株券を小額で借り、
「売り」を行って、株価が下がったら借りてる
株数を「買戻し」して、その差額の利益を得る。

 例えば、現価100円の株で売買株の単位数
1000株を3千株だと次ぎのようになります。

 まず信用取引では、必要最低額を納めておき
入金した金額(又は、代価)を基に、数倍での
金額の取引ができます。つまり、株式を借りる
手数料を払い、借りだし期限以内に株を返すと
言う事になる。そうした条件を満たしたとする。

100円で、「3000株売り出し」をします。
3000株+売買手数料(税込み)です。

 その後に株価80円で利益確定(買戻し)を
行うと、(100円×3000株)−(80円×3000株)
=300000-240000=「60000-売買手数料」が利益。

 逆に株券返却期限の段階迄待っても買戻し額が
120円だと(100円×3000株)-(120円×3000株)
=300000-360000=「-60000-売買手数料」となる。

 伊嬢が信用取引きで言う「空売り(ヘッジ)」。
逆に「空買い」(信用買い)もあって、これは、
単純に「空売り」の反対作用。つまりは、規定枠の
金額を入金し、その数倍までの取引代金にて取引が
行えて、「空売り」と反対に株価が上がれば利益と
なります。ある意味では、通常取引と変わらない。

 しかし信用取引きの場合は、元手が少ない状態で
取引が可能なのですが、失敗すると損失も大きい!

 

 さぁ〜以上3点がσ(^・ω・^) ボクの観察の
結果なのですが明確的な現状は、解りません♪

 o(^▽^)o デヘ!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、経済市場の観察結果

天才 金融関係は、「金銭の価値動向などの変動が
   あっても経済学者が適当に理由を付けてくれる」
   と胸を張って、変動操作を行っている。

秀才 金融機関の裏事情と言う点では、経済連などと
   政府などとの連携がその背景で覗えると言える。

馬鹿 今日、種を巻きました。3日後、芽が出てきた。
   7日後、双葉が生えた。10日後、枯れた・・。

HIRO 拓大の茗荷谷校舎のとなりに(確か)三井住友の
   「金融政策研究所」があるけど、見学してみたい。

弟子 す、す、凄いですね! 又と無い機会ですよ!
   と言う事で、拓大の教授経由で捏ねを探してみる。

元女 ・・・HIROちゃんは、そう言う分野では、動きが
   早いわよねぇ〜、稼ぎにならない事でもさぁ。

HIRO 私の知的な欲求には、金銭欲にも勝っているのだ!

元女 う・そ・つ・き♪ (^з^)-☆Chu!!

HIRO (*/ω\*) イヤン ♪ 前語撤回ぃ〜ん♪

弟子 ・・・勝手に二人で、言ってて下さい。トホホ。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =