記事一覧

No.0372 軍人と宗教、そして工作、動物極論

2002-11-16
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0372
*======================*
作成 2002-10-05
課題 軍人と宗教、そして工作、動物極論
副題 2002-10-05 ちまたの情報局 記載

 軍人と聞くと皆さんは、どう言った印象を
持っているでしょうか?

 軍人は、戦時に於ける人材を意味しており、
軍事に対しては、自らの生命を上官指令での
基にて行動をすることが原則とされています。

 ところで、この場合での上官指令ですが、
「明らかに死ぬ」とわかっている状況かでも
突進命令を出さないとならないことからも、
各部隊での上下関係における繋がりと、新兵
などとの人間関係は、いたって単純で且つ、
冷酷なものだそうです。

 ちなみに部隊班長は、作戦成功が優先で、
人命は、基本的に二の次となっている様です。
しかし最近での軍事作戦で先進国の場合は、
死亡者も数名しか出ない事から、TVゲーム
戦略と呼ばれており、ゲーム感覚での殺戮が
行われていると言う見方が、一般的の様です。

 まぁ〜実際、戦車、戦闘機や重火器等にも
コンピュータが設置されるようになっており、
ゲーム感覚で操作を行うのが基本となってる。

 さぁ〜こうした近代軍事状況から、過去での
軍事状況を見ますと、「おだてる英雄、自らの
馬を失い初めて気付く、自分の役割」と言い、
軍人、武将をおだて英雄に祭上げ、権力者は、
その人材を支配すれば、自らの責任回避しつつ
自動的に軍事活動が行える。

 この方法は、歴史的に見てもどの国家間でも
行われている方法で所詮軍人は、戦場有っての
人材ですが、近年ですと防衛という分野にまで
引き下がっているのが世界的な状況です。

 軍事教育の極論が「生残り」と思いがちです。
しかし軍事教育では、秘密保護の為に自決等を
教え込む場合も多くあり、また逆に拷問などの
教育を受け、秘密を保守しながら生残ると言う
教育もあります。

 戦いには、基本があって応用があります。
つまり、応用しか理解できない人材においては、
古典的な戦術に対して伏してしまう場合がある。

 例えば、人間爆弾とか、、、。

 軍人は、「英雄」と言う言葉が何よりも
人生で栄光ある物で、その言葉を得る為に
死をも覚悟する。また、死亡したとしても、
その後に「戦死した英雄」として美化する
ことで、「死への英雄論」が誕生するのだ。

 古典的な戦いに伏してしまう状況には、
自らの近代文化的国家でで常識的人材では、
とうてい考えられない行為が、武器である。

 特攻と言う概念を考えるならば、日本でも
それに関する教育も行われ実行してきた歴史を
過去に持っています。

 人材は、明くまでも「人的な材料」と見て、
それにおける効力を発揮してこそ意味がある。
そうなると軍人は、最終的に勝利を得る為の
結果が得られれば良く、軍人当人の生命など
尊重されていないと見るのが、現状ですよね。

 軍人と言う人材を理解しない限りは、今後の
世界平和などについては、語れませんよねぇ。

 またこの軍人、政府での平和政策と軍事とでは、
矛盾した関係が有り防衛と攻撃と言う点に置いて
大きな違いがあります。

 日本にある自衛隊は、攻撃で無く防衛主体です。
しかし攻撃型の軍備を設置した場合、人材自体の
教育に関しても攻撃的な意識を植え付ける事から、
平和などと言う概念は、「勝ち残る」と言う事しか
基本的にありません。

 日本には、武道における礼儀と言う物があって、
唯一現代にも受継がれている武人共通の作法がある。

 無礼、失礼と言う事は、失態、失敗などの状況を
意味しているように思われがちですですが、実際に
おいては、極論的に異なります。
 礼儀と言う事については、過去の万学でも課題で
取上げているように、「無礼=敵意を表す」と言う
意味合を持っており、「失礼=敬意を示さない」も
『相手の心中において、敵意を抱かれても良い』と
判断する行為を意味しています。また「失態」は、
『敬意を表する作法に過ちがある過失』であって、
本心と異なる結果により、発生した事態だけども、
日頃の精神によりて発生した』と見なす事が多い。

 つまり、無礼、失礼、失態などは、武人における
世界共通の極論的な意味合を解した行為であって、
「敵意、故意的敵意、客観的な敵意」をそれぞれが
意味している反面で、それを怠らなければ話合には、
応じるのが軍人の基本原則らしいのです。つまり、
話合いでも何であろうと、勝利を得れれば良い訳で
殺人的な行為だけが、戦いだと言う事で無いのです。

 但し、例外もあって、戦いの勝利基点を敵人材の
「死亡」に基点を置くと、さらなる極論となって、
共存と言う関係は、保たれずに永遠の戦いとなる。

 キリスト教では、カインとアベルの兄弟の様に
兄弟の争いにおける責任で生き残った者を許すと
結論として出している。つまり、発生した事態に
結果が出てしまっていれば、生存者優先であって
発生するだろうとの予測がある場合には、それを
心的に規制する事で、発生を制御させているのだ。

 そして矛盾しているこの方法に対し社会的での
責任は、民衆の心情から免れないと言う事にて、
刑罰があって死刑などの場合、「魂を救う」との
意味合を持って、責任清算を成立させているのが、
法治的な解釈だと言えるでしょう。

 そして原理主義では、「英雄」と言う事に対し
国民から超越されると言う、想像的優越心により
覚醒された呪縛によって、「戦死美化」が育ち、
「軍事成績=殺人、破壊の結果による、相手への
損失」で、『死後の世界』などを重視していると
言う場合には、かなり有効的な人材教育ですが、
欠点があり、日本でも発生している226事件等、
軍事機関が一人歩きをしてしまう事が殆どです。

 社会主義基盤が硬いほど、その反動も大きく、
旧ソビエト連邦の崩壊時には、近代国家として
最善なる状況かで、軍事的氾濫を押さえてます。

 そして次ぎに予測されているのが、北朝鮮と、
イラクなどでの軍事国家による軍事グーデタで、
これをいかにして避けて、文化改革を行うかが
先進国としての政治的工作、いや世界的工作の
試案場所であって、これに対して正義不義にて
利益を上げているのが、資本主義達であって、
基本的に各宗教原理主義者たちは、その主義を
嫌っており、人種的にも嫌っている場合が多い。

 しかし近年の文化では、人種的偏見を見直す
手段として特殊的な平和運動を大体的に主張する
団体も増えており、これによって原理主義者達も
世界を見る、いや人種としての偏見を捨てつつある。

 頑固親父を説得する能力があれば、原理主義者を
説得できると言っても過言で無いほど、人的基本の
概念の基に共通した問題であるのですが、愛国心や
自尊心などの個人での価値尺度を低下させる程迄に
相手を認める人種は、そう多く存在していない。

 礼儀と論述、そして「真剣」と言う言葉の力を
有効的に使用した平和的外交工作ができれば完璧。

 後は、軍人達の意思を宇宙と言う分野での開拓に
導入して、英雄と言う彼らの立場を継続させる事で
一挙に世界規模にて、文化の進化を遂げて行くのだ♪

 個人的付合いで対人を何かと差別してしまうのは、
「相手に対し、不本意に敵意を抱きたくない」と言う
意味合があって、「言葉使い」や「しぐさ」によって、
話ができる相手かどうかを見定める事が多い。
 気安い会話から、後に会話が無くなって行くのは、
「会話の中で敵意を抱く発言を相手がした場合や、
身振りをする場合」に限られている。

 本心からすれば相手が何時、σ(^・ω・^) ボクに
攻撃されても可笑しくない状況かにある事を意味し、
そうした状況を理解できるのは、やはり礼儀を弁えた
人材でしかないのでした。
 だから気取っていたり、無視をしているのでも無く、
ただ単に『敵視』されているだけに過ぎないのでした。

 ゼウスの如く権力を主張する人材を手なずけるのは、
ゼウスの奥さんから学べば良いと言う事も加えておく。

 ちなみに、もしアメリカ等の西洋先進国がイラクや
今後において、自ら把握していた経済戦争を強行する
のであれば、σ(^・ω・^) ボクもそれに見習って私生
活を変えてみるつもり。しかし思考的には、東洋で♪

 ライオンが獲物を狙う時、人間のように日に3度の
食事の時間に行っているのだろうか?また、その他の
動物を捕食する生物は、どうだろうか?

 資本的貨幣を媒体に人は、何を口にしているのかが
軍事体制後による文化的問題の課題になるんだろうなぁ。

 「人間は、考える葦である」に対して、個人的に付け
加えたい言葉が「そして、葦の足でもある」としたい。
いや正確には、『動物は、考える植物であり、そして、
植物達の移動の手段である』と解するのが適当かなぁ?

 「人は、死ねば土地の肥やし」と言う言葉を知ってる
高齢の方々や世界大戦関係者は、まだ少なくないよね。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、軍人と宗教、そして工作、動物極論

天才 人の価値と資本論、社会主議論に国富論など
   理想主義から、結果論主義など様々である。

秀才 各人種の生きかは、各地方の慣習において、
   必然的な生きて行く為の糧であったのだ。

馬鹿 軍事産業、宗教法人、工作人材教育にて、
   自己有益論における資本主義の裏の世界。

HIRO 時代的にも、やはり、世界規模での文化論が
   求められているのだろうねぇ〜きっと♪

弟子 ところで最近、「零理論」に関する研究は、
   如何されたのですか?調査依頼も無いしぃ。

元女 時期も時期だけに、「零=Love」に夢中と
   言いたいんじゃいのかしらぁ〜当人曰くぅ♪

HIRO ( ̄ω ̄ ガル? (−ω☆)キラ〜ン♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =