記事一覧

No.0360 日本の外交に期待するもとの、物事の尺度

2002-10-20
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0360
*======================*
作成 2002-09-13
課題 日本の外交に期待するもとの、物事の尺度
副題 2002-09-13 <日記>より

 日本の外交政策も順調で、アメリカ側も
日本の北朝鮮等に関する外交意思を待って
いたかの如く、ブッシュ大統領との握手が
今までに無い、何か熱い繋がりを感じた。

 さて、もう一つ問題があってイラクでの
軍事問題をどう見て行くかが世界的規模の
日本に課せられた、本課題であると考える。

 現在の日本政権は、ワイルドワン方法で
ワンマンと言う訳でもないのですが比較的
アメリカの主権者思考に近い言動を発して
世論動向の反響を受け慎重に対応をしてる。

 しかし盲点となっているのが、法関係と
産業問題で両方とも国民にとって最大限に
重要であり、自分達の子孫に大きく影響が
でると確言できる、重要課題です。また、
別枠での「環境」と言う課題は、世界的な
意思の基で今後考えなければなりません。

 北朝鮮との外交の進展は、後に急速的な
文化の進化を遂げる事となりますが同時に
文化改革が発生して、社会体制が不安定な
時期を迎える可能性がありますが、それを
周辺諸国がどう、保護して行くのかが重要。

 この問題を進展させた後に日本の外交が
インド等を経て中東関係への仲介役外交を
行うべく事が、世界規模での最重要課題と
考えています。

 実は、この点に関してロシアのプーチン
大統領が2001-09-25にドイツでの議会で、
テロに関する責任は、敵味方の問題でなく
世界的な規模での責任であると発言した。

 これは、かなり重要な意味合と期待とが
込められていると推測している。ロシアの
発言に対して、周辺諸国が政治政策として
同意を見せなくても、アメリカが単独的に
イラクを攻撃すると言う発言に対しては、
誰が女房役を務めるのかが問題となるのだ。

 皆さんは、問題が大きすぎて何を言って
いるのかと思われるかもしれないのですが、
実は、こうした駆引きが国内、海外商戦や
企業内、組織内、家庭内で同様の事が日夜
行われている事を理解しているだろうか?

 縦割りの会社組織は、軍隊体制と言われ
がちですが、正式には、階級的指令体制と
言う物で、近代的だと実績型有力者支援が
殆どで、年功序列方式は、年輩崇拝型です。

 こうした中でも、今後の日本の立場では、
アメリカと日本との立場で日本が女房役を
勤める事が可能になるかが、重要な問題点。

 これを家庭に例えるなら、愛しい家族が
とある宗教団体に殺された。しかしこれに
対して、相手の宗教団体は、矛盾的社会の
政策と、それに従う一般人の思考が宗教の
原理に比較すれば、人間としての堕落をも
指揮していると言う事を理由に、宗教への
広告も踏まえ、その聖なる犠牲となったと
言うのみである。これに対しては、誰もが
反発的に「目には、目を!」と思いがちだ。
 ちなみに「目には、目を!」と間接的な
第三者の出来事に対し思う人材は、日頃に
おいても、私生活の中で何かと人間関係が
上手く言っていない節がある人材が多く、
類感代理解消を用いて、日頃の精神負担を
軽減させようとしているだけだと考える。

 野球、サッカー、プロレス、ボクシング。
自らが参加してこその運動であるのですが、
それ同様に見ている方が、興奮する現象が
一般人に対して社会系形態を維持する為に
重要な役割を得ている事も、あまり理解を
していない人が多い。

 つまりアメリカ側は、被害者である以上、
武力的にも世界的特権を得た大国に対して
武力的に対抗をする事は、宣戦布告同様だ。
しかし、これによって被害を受けるのは、
一体誰なのかが問題となるのだ。父親的な
存在と仮定するアメリカに対して、宗教の
団体を意味する原理主義や軍国主義等が、
敵であり、家族を殺した人材が関与してる。

 ここで英国圏での歴史的な戦争での時に
一つの逸話があるので紹介したい。女王の
子供達が、敵国に人質として囚われたのだ。
その際に敵国が「子供達の命が欲しければ
降伏しろ」と持ちかけた。王様がこれには、
さすがに悩んだらしいのですが、妃である
王女が敵兵に向かってスカートの裾を捲り
(当時は、下着を履く習慣がまだ無い!)
股を見せつつ「子供なら、幾らでもココで
作れる」と言い放ったそうです。それには、
敵兵も考えさせられ、定かでないのですが
その後に息子達は、敵から開放されてます。

 実は、日本でも時代劇にて最近、頻繁に
放送されている場面として、「駆引き」が
綿密に放送され日本語的には「歌舞く」と
言われています。ある意味では、男らしさ
とも言われる行動や発言を意味しています。

 父親は、立場上において自ら得た能力の
全力を尽くし、家族の保護や報復等を行う
と言うのが、感情的な一般的な行動だとも
思われますが、法規的に認められません。

 しかし法規は、理論で個人の行動規制を
論理的解釈で試みられるに止まっており、
個人の能力により、それが有効にならない。

 又さらにアメリカの現状は、マフィアの
抗争の類似的な現状であって正当性を訴え、
不義を定義し自国の国民に対しては、敵を
意識させる、主権型洗脳方式を用いている。

 って発言すると悪く聞こえるのだけども、
一般的には、「吹きこみ」と呼ばれている
行為で「噂、デュマ、悪口、陰口」などが
この分類に入る。日本では、公務員関係に
多く用いられる方法で、この方法を用いて
仲間意識や排他意識を基にし、生贄を作り
自らの集団の絆を強化する方法と同じです。

 さてこれが行えるなら、同じ方法用での
零理論を用いて、方法(公式)を同じくし
代入の値を相対すれば中和されると考える。
 これが、仲裁に用いられる零公式です。

 戦争の相対は、議的和解であると定義を
するならば、それに必要な資材を集めれば、
方法(公式)に相対代入する事で中和する。

 しかし問題は、その後だと言う事も重要。
長野県における「脱ダム政策」でも同様で、
零にする事ができても、それは、値が無く
「零」なので、進展行為の阻止をしても、
代価方法を考慮しなければ、負的零なのだ。
数字で言うならば、「-0」となり、心情と
しては、不義要因が「≧-0」となるのだ。
 現実的には、「0」も期待、希望、気力等、
精神面では、それ以上の負荷を負うのだ。

 アメリカ側は、被害者でもある。しかし、
テロ行為は、世界規模の倫理に照らしても
好ましい行為で無いが、世界各地での一般
市民の中でも「苛め、排他、魅せしめ」が
行われており、世界規模になればそれだけ
大きな事になっただけで、物ごとの尺度を
世界は、世界、一般は、一般で考えるなら
方法(公式)には、何ら違いが無いのだ。

 アメリカ大統領は、立場上でどうしても
発言しなければならない台詞があるのだ。
それは、国民の代表であり弱者の心情での
代弁であって、代議士としての勤めである。

 日本国も同様ですが、相手の心情を解り
それに相対する論術にて中和した後には、
敵対する相手との総合利益を追求するとの
意見を発しなければ、事実として発生した
不義の余韻が残り、零として収まらない。

 そこで、零理論で零から相互の正義をも
導き出す為に、何が必要なのかが問われる。

 もしイスラム原理主義者が「テロ行為に
謝罪」をしたらどうなるだろうか?

 その為の工作方法としては、イスラムの
原理主義に対する世界的理解であり信仰を
求める事と異なる。そしてインド、ロシア
などを経て商業外交を基に経済の活性化が
約束されるなら、イスラムと言う国がどう
反応するだろうか?

 慣習や宗教は、世界各地域での風土にて
生活する為の知恵と倫理、それが社会での
基盤となって現代まで維持されて来たのは、
こうした今と言う現実に存在している事で
その必要性があったと判断するのが妥当。
 逆に、そうした過去が無ければ今が無く、
仮に、そうでない事の方が好ましかったと
言うならば、現在存在している自分達をも
否定している事になるのだ。

 日本の代表として代議士である人材は、
日本人の意識を伝えるのが仕事であって、
個人の事情にて外交をするのが仕事で無い。
 また、プライドワン方法にて、自らでの
発言を一般民間の意思に平常させるような
言動を基に、私的指揮権を得る方法にも、
人類規模での個々には、不利益をもたらす。

 北朝鮮との外交問題からの応用として、
イラク問題を解決できるのが日本の外交で、
こうした問題が家庭の尺度として換えると、
意外で身近に多く発生していると言う点と
代議士は、国民の意見を代表して発言し、
外交などについても同様で、且つ日々での
個人の生活問題すら、上手く解決できない
人材の意思を代弁するのは、どうだろうね?

 国家政策や代議士に文句があるならば、
まず自分の生活を見なおすべきであって、
国民個々の自己生活の改革ができないなら
国家政策だって、できるわけも無くまた、
代議士の能力にての依存的意思に頼った
政策が不況を導いても文句が言えないのだ!

 会社、家庭、人間関係、競争相手など、
世界規模でも、個人での出来事でも原理に
大差がない点と、代議士達に何を代弁させ
どれほどまで依存できるかを把握すべきだ。

 国会議員や、会社の上司、世界規模での
テロ、国内でのテロなどは、総べて社会的
全体、人類全体での問題であると同時に、
人間個々、生物個々の共存的な意識を追求
する意思が、これからの人間に求められる。

 会社の上司、自分の子供の不正行為が、
もしも防げたのであれば、代議士達だって
同様の方法(公式)を尺度を換えて用いて
日本の社会政策や世界との外交政策などを
踏まえ、世界規模での共存に積極的になる。

 子供は、言うよ、、、。

「自分の親ができない事を子供に押付けて
何を望んでいるのか知らないけれど、その
親の遺伝子を経て、又与えられた環境では、
到底、無理があるだろう!」ってねぇ〜♪
「それに、子供であると言っても自分での
意思って物があるし、自分の希望もある」

 一般国民である成人が、政府に言う事と
尺度を換えた意見と、なにも変わらない。

 政府改革は、国民個々の私生活による
改革が行えなければ、できるわけも無くて
又、行っても政策に依存する国民を増やし
社会責任を転換させる成人社会人を増やす
だけに過ぎない。

 テロ、外交、企業、会社、家庭、個人。

 そして忘れてならないのが恩師と別枠の
故人であって、過去の学びを得る機会とを
築き上げた人材への感謝と出来事を忘れず、
未来への情報として得る事が重要点であり
供給されるべき点でもある。

 2年後、中東和平が全面的に進む事で、
中東開拓を基にして、時代が宇宙開拓へと
世界規模での協力的な開拓事業が進む事を
望んでいたりします。

 あ、そうそうNGOの援助金の見直しと
援助活動における成果見通しでの方法と、
中東に分散している日本企業施設の公開を
来年度に、おいて要求してみたりする。笑

 NGOは、とある大学経由にて情報が、
裏表無く入手できる。またこれにおける、
悪事を暴く事で無くて、今後の政策改善を
主体として、過去の悪事、不祥事を情報に
建て直す事が個人的な目的で、現状にての
悪事、不祥事には、即効性をもって改善を
請求し、NGO支援前での有効性の追求と
支援後の予測における正確性の事前追求を
重点として、世界各地で既に展開している
日本企業の現地の様子を明確にし、そして
それに纏わる問題も、対処すべきでと考え
これに関する学習を、後期の学習に行うと
言うのが、個人的な学習計画の課題なのだ。

 さて、現在03:56分になりました、、。

( ̄ω ̄)=3 ハァ〜 

 歌手になれば良かったかなぁ〜♪
ビジュアル系にて、愛しの姫の心を掴んで
弄んでしまう、、、(−ω☆)キラ〜ン♪

 ・・・恋愛における不義なる思い。笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、日本の外交に期待するもとの、物事の尺度

天才 物事の基本原理は、大差が無いとされており、
   一つの物事を極めると類似的に応用ができる。

秀才 類似適用は、法律等の分野でも頻繁に行われ
   実社会でも、多いに使用されている方法だ。

馬鹿 無農薬や人畜無害の食品を輸入できないとの
   状況下で外交契約する無能人材を処分すべき。

HIRO 日本の外交に対して期待するのは、広範囲の
   外交であって、排他意識の無い世界外交だ。

弟子 しかしアメリカなど西洋圏との交流もあって
   それに関連しての排他国があるのでそうが?

元女 それをいかにして、積極的に中和して行き、
   世界各国参加型外交の意思に期待されるわ♪

一般 とりあえず、人畜無害の輸入品を扱うとの
   証明と事実を追求してい行くのが先決だ。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =