記事一覧

No.0349 宇宙開拓と世界経済

2002-09-19
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0349
*======================*
作成 2002−08-21
課題 宇宙開拓と世界経済

 最近科学の話題から離れておりました。そこで、
今回から少し、宇宙の話題を提供します

 宇宙と人体における構造には、共に神秘的です。
科学者達は、その神秘性の虜となって日夜謎に挑み
且つ、研究を続けているわけです。

 火星における観測は、世界的資本主義の全盛期に
未知への追求に挑むべき余力を投資して、各企業が
一斉に研究を始めた文化部門であも有ります。

 この宇宙における開拓文化の発展は、人類が地球
以外での生存・繁栄が可能であるかが問われており、
各国首脳は、軍事力から宇宙開拓へと、その考えを
変えて行きます。

 しかし、その権力者達の本心は、「地球を制し、
宇宙を制する」との権力者の野望が基になっており、
科学者の研究は、その野望に対して付随した物程度。

 ところが、当時の権力者における宇宙開拓思想が
現在の宇宙科学を基盤とて一気に発展を遂げており、
今日日本で開発された「インスタントラーメン」が、
宇宙食の為に作られた事をご存知の方は、少ない。

 σ(^・ω・^) ボクの産まれた年は、宇宙科学での
年と言うことも有り、万博などが行われております。

 また少年期の頃には、UFOや心霊を中心とした
「超科学」が大流行し、その空想的分野から更に、
地球上の未開の地における探検物が、多いに流行。

 そうした時代に育ったσ(^・ω・^) ボクとしても
人生において「科学」を捨ては、人生の価値が無い。

 宇宙開拓に参加した企業は、自動車が中心であり
その他にも、多くの中小企業が各分野で開発競争を
繰返していたが、その資金を大企業等からの投資に
頼るしかなく、開発によって回収される利益よりも
研究で消費される資産の方が、多かったそうです。

 そして時代は、ロケット、飛行機、自動車を経て
テレビ、パソコン、ビデオ、携帯電話等から新に、
対人との交友を活性化させる分野として、ついには、
世界の国境を超えたインターネットが登場します。

 一見低落した経済に対し、宇宙における研究への
投資が困難となり、それに伴ない宇宙科学の分野で
各中小企業が消えて行きました。

 大企業の経営者にとって低迷を迎えた日本経済を
経て直すには、人材個々の打ち秘められる物事への
「やる気」であって、その創造力満ちた力を企業が
どのように提供できるかが課題となりました。

 時代は、自動車の夢からはじまり・・・。

 コンピューターソフトの開発分野で、工業系でわ
無い分野での企業向けロボット開発が進みにつれて、
大企業がふと眼を見張り始める。

 二足歩行ロボットの開発である、、、。

 皆さんも見て判ると思いますがロボットの外見が
人間が宇宙服を着ている様子等をイメージしており、
アンドロイド(人工人間)と言う観点から、離れて
開発されています。

 各企業は、人為における分野から科学開発を経て
再度、未来へ繋げられる開発の基盤を築き徐々に、
築き始めているのです。

 こにおける効果から30、40代のアニメ世代は、
インターネットなどを経て、文化的に一気に広がり、
次の段階を待っている状態となっています。

 しかしその次の段階においては、30、40代の
ロボット、インターネットを手にした人材達自らが
開発を進めなければなりません。

 ちょうど私の世代にもなりますが、文化的な社会
基盤も、不況と言われつつ侵食された反社会文化の
改善も行われ、これが整えば安定した流れで時代が
過ぎて行くのだと思われます。

 時代は、「人類の国境無き情報化時代」を経て、
『人類として宇宙に挑むべく時代』を創り出すのが
私達の世代の責任だと思っています。

 希望を持って社会人になる青年達が、喜んで社会
活動を行ってくれる環境を提供するためにも妥協を
せずに、社会基盤を重視して日々に研究を行うのが
社会人の勤めだとも思っています。

 σ(^・ω・^) ボクに何が出きるか判らないけども、
皆さんも「科学の目」を持って頂きたく思ってます。
 

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、宇宙開拓と世界経済

天才 不況とされるこの時代、多くの宇宙研究者達が、
   悔し涙を流し、転職しているそうだ。

秀才 宇宙科学開発を現実の時代に順応させる試みが
   行われ、洋服の素材、繊維等に使用されている。

馬鹿 宇宙を制すれば、地球を制すると言われる様に
   この宇宙を制した者が地球を制する事ができる。

HIRO 大人になればなるほどに一般の人は、科学から
   遠ざかってきました。しかしインターネットや
   ゲームが科学という分野に、少しづつ働きかけ
   安定した社会基盤の上から、進化しています。

弟子 しかし、多くの若者が旧社会構造に疑問を持ち
   サラリーマン思考が減退しつつあるようですが?

元女 実は、そうした個々の個性を拾い上げる企業が、
   徐々に増え始めており、個性ある企業が育って
   きているのが、現代社会企業です。

HIRO σ(^・ω・^) ボクも、将来は、会社を立ち上げ
   多くの無限の少年の希望などを育てたいなぁ。

元女 ・・・とりあえず私の希望を叶えてもらうか?

HIRO スタタタタタ (((((((o≧ω≦)oウケケ |万屋の部屋

弟子 ・・・この二人の間に、一体何が、、、?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =