記事一覧

No.0348 公式に騙されるな

2002-09-18
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0348
*======================*
作成 2002-08-17
課題 公式に騙されるな

 経済学などにおいて、数字や公式が使われる事が
ある。しかし、その数字や公式が経済学的に正しく
表されているのかを考えるの今回の課題。

 古来からの哲学者は、その学問分野がかなり広く
現代では、特定分野で哲学者の名称を残しているが、
文学、医学、政治、法学、儒学、天体、科学などの
あらゆる分野に精通している学者が殆どです。

 つまり一つの事の分野に偏る学者よりも、賢人を
極める者としては、多種に渡る研究をなしている。

 生き物は、感覚に左右されやすい。特に人間は、
感情と言う分野において、反射神経を持っており、
これにより、身体などに及ぶ危害の学習をしている。

 ところが未来と言う分野での想像性の中に於ける
「将来の自分」を抱き始める時期から人間にとって
動物として、最も優れた機能が養われて行きます。

 想像力です。

 この想像力が創造力となり自分達の未来を大きく
左右して行くのです。しかし、この創造力を潰して
機械的(半奴隷的)な人材生産も行われています。

 「機械的な人材」の全てが当人達の人生において
悪影響を及ぼすと限らないのが現状です。

 こうした場合は、人材達をどのように説得するか
との点が「統括的な能力」としての必要性となる。

 ところが思想的な論述は、「絵に描いた餅」だと
疑いを抱く人物が人材の学力が上がれば上がる程に
増えてくる。しかしこうした分野で物理的な論述を
もちいて制すると、その殆どが成功している。

 近代経済学、経営学、政治学に物理的理論を用い
説明付ける事で現実性を高める説明方法が使われて
いるが、その現実性がどうであるかが問われるのだ。

 つまり物理的な公式は、環境条件を表しており、
それに伴なう値が答えとして導かれてくるのです。

 「公式=環境」は、特定条件から導かれる数字の
値を、逆に「数字の値(結果)」から逆算的推測を
用いて公式を作り出し、導かれた公式を基にしての
理論を公表する事で成立っている。

 これは、その総べての学問に共通する説明方法で
あって多くの分野で用いられているが、導かれると
される値がどのようなものかが問われる。

 「値=結果」ですが、それを導き出すためには、
代入法式が多く用いられる。義務教育で学んている
学力程度で十分で、それを基に幾らでも展開できる。

 例えば、X+Y=3

 Xが1の時、Yが2、、、だけでなく多種多様での
数字を代入して答えが導かれる。

 この時、負の値が社会に対しての悪条件と定義し
表される公式は、次のようになる。

 例えば、X=-2 Y=5 X+Y=3

 これは、悪条件によって5の値が、3に減ったと
言う表現になる。つまり不法行為によって社会的な
行為力が減っている事を表現している。

 そこで悪条件となる負の値を防御する為の環境を
設置した場合は、どのような条件が設定をされるか
が問われる。

 そこで次ぎの条件が定義される。

 例えば、Y≦0 X≦0 X+Y=3

 設定者としては、3を導ければ良くて公式設定(
環境設定、学説、理論、説明設定)者が、求めてる
数字の余力的値が、2か4かが不明である。

 これに対して3以上を求めている事を表明すると
次ぎの数字の値が産まれてくる。

 例えば、 X+Y≦3

 これであれば、求めているのが「3以上」であり、
逆に、この公式(環境)を用いて3以上の値を導き
出そうと言う事を表す。

 そうなると、X=-2 Y=5 での条件下においては、
次ぎの条件をだす。

 例えば、X=-2≦0

つまり現状の値を改善する為にどうすれば良いか?
Xが-2から≦0に成る為の条件(環境)を与える。
それによって≦3を導くには、十分に事足りるのだ。

 と言う具合に説明をすると「そうなの?」って
具合に吹きこまれてしまう。

 数字の世界では、条件が法則的に設定されるが、
人間社会においては、それを数字的に表現する程に
正確な行動を人材が行わないのが常となっている。

 逆に現在世間で騒がれている偽造、偽表示食品は、
値だけを求めた思考での結果であり、法治的分野で
それを野放しにしていると今回の場合は、消費者が
負の値の代償を受ける事となるけど、公にならない
場合、そのまま騙され続けると言う具合になるのだ。

 上手く使えば、面白く且つ有効に使えるのだけど、
現状においては、法治と言う点で社会を考えると、
経済が勝っている。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、公式に騙されるな

天才 物理における分野では、数字と公式を用いて
   自分の理論をこれを裏付けする為に使われる。

秀才 使われると言うより、現実を裏付けする為の
   公式を創り出す、又わ見つけ出すのだ。

馬鹿 公式が駄目でも、軟式があるじゃないかと、
   テニス界でも、野球界の人達も言っている。

HIRO 公式は、数学だけで使われる言葉でわなく、
   あらゆる分野で使われている言葉であのだ。

弟子 公式参拝とかの事を言っているのでしょうか?

元女 ・・・聞かない方が良いわよ悩んじゃうから♪

HIRO (−"ω "−;)ムムッ

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =