記事一覧

No.0334 戦うという事を、、、

2002-08-04
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0334
*======================*
作成 2002-06-27
課題 戦うという事を、、、
副題 ☆今日の世間話☆ 2002-06-27

 戦うという事を皆さんは、どう考えるだろうか?

 戦うと言っても、多種多様にあります。しかし、
とかく世の中は、戦い無しに語れないのが現実です。

 生命としてこの世に生を受けた以上、性を持って
それを維持しようとするのが生命体の性の意味です。

 戦いにて人間が進化したと言う事は、文明のから
見ても明確な事実であり戦いなくして人間の歴史を
語る事ができない。しかし宗教等における信仰的な
趣旨では、支配される立場の者達が自由意思求めて
「何者にも支配されない事を追求する宗教」そして
「支配される者達に支配関係の必要性を解き明かす
宗教」「支配構造的な、幻想的政策主義」などと、
とかく物の教えに対して、知恵を頂いた物(者)に
対し、敬意を表するのが人間だ。

 私は、過去にも「弱い物は、群れを成す」と言い
これを理解してもらおうと、努力してきました。

 過激派とされる世界にある集団は、その思想の
必要性を暴力、殺戮等により宣伝を行っている。

 児童連続殺人事件での裁判にて被告が口にした
言葉で「私が行った殺人行為等は、交通事故等と
同様の出来事に過ぎない」と言う意味合で物事を
語っていったそうです。

 また数年前に、とある宗教団体が反社会的行動と
して殺戮、障害などの殺人を行った事でも皆さんの
記憶に新しい反社会過激的行為などがありますが、
どうして、そうした事件が起こるのでしょうか?

 強キ物 弱キ物に 怯えて生る
     弱キ物は 強キ物を 殺さんとして生る

 これは、心理的にも単純明快で自分達の社会的な
生活の場を確保する為に戦っているに過ぎないとも
考えられます。世界的にも規制されている法規では、
「人間の本能における単純的行動」であり、人間と
しての原理を考えると、然程珍しい現象でわない。

 もし自分が、職場や学校てに周囲から突然無視を
されたらどう感じるだろうか?

 はじめは、戸惑い、やがてそうした周囲の行為に
対して逆上し感情的には、怒り等の闘志一杯になる。
それは、自らの今までの生活環境を保護しようと、
感情を基に必死に絶えているのです。またこれとは、
反対に、消極的に自らの存在を現状的に受け入れる
場合は、そうした環境から自然の流れにて新たなる
生活の空間を確保して、それが行えない場合には、
その場から離脱する場合も有る。その他にも色々と
ありますが、そうした行動は、生活の場を確保する
為の本能的な行動で、ある種の戦いです。

 人間の心理は、多種多様であっても同じ環境で、
同じ条件を与えれば、千差万別と言う程に種類が、
有るわけでなく、特定の行動に分類されます。

 これは、犯罪における分野でも同様な事が言える。
犯罪行為に着手する人物の心理や社会環境において
どう言った意思で携わっているのか、また、それを
行うことにより、自分自身の刑罰を受ける危険性を
考えるならば長年悪党の地位を維持している人物も
まんざら知恵の無い人物では、成り立たないことを
誰もが理解できる。

 卵子は、一つ、、、精子は、複数の数にて受精を
もとめて行くのが、人間の一般的な医学原理です。
 事故の人体内においても、あらゆる細胞、病原菌、
細菌、微生物が戦いを繰り広げている。また、その
戦いがあって、人体が維持されています。

 「男子戦わずして勝つ」と言う事から学んだ事は、
『男子相手と共存する』と言う事で、孫子曰くは、
兵法を説きつつも、自己の生命を危うくさせる敵に
おいて「勝つ」事を前提に戦い、勝つことによって
相手からの主権を奪い、服従させ共存させる考えも
もちあわせている。

 自らの生があって性となり、戦いを求める物は、
性的にも盛んであるその裏側に、自らの主の保存が
あることで、本能的な衝動を理解できる。

 誰一人として戦っていない人は、いない。それは、
自己を含む相手であって、人間における最大の敵は、
自分自身でわないだろうか?

 卵子 戦わずして 精子を得る、、、。

_(_._)ノ彡☆ばんばん!

・・・ほら、そこの君! 笑っておけぇ〜♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、戦うという事を、、

天才 戦いから得れる利益が高ければ闘志も増大し
   戦いから損益を得る場合は、戦いを求めない。

秀才 ゲーム理論は、戦いに関する思考を心理的な
   分析を行い、的確に物事を遂行させる理論だ。

馬鹿 他人から馬鹿と言われ社会的にも生きている
   心地がしない。こんな私がすることは、、、。

HIRO もともと闘志意思が強い私にとっては、戦う
   と言うこと無しに、人生を語れませんなぁ。

弟子 そうですよねぇ〜、師匠の遺伝子的な分身も
   きっと日々そう思いつつ死滅しているでしょ?

元女 せっかっく膣に入っても、受精相手が居ないし
   たまに居そうだと思える時は、膣外射精だし♪

HIRO 口内射精で相手の体内で消化してもらうと言う
   手段では、無駄も無くて良いのでわないか?!

元女 ・・・まぁ〜相手が居ればね、、相手が、、、。

弟子 ・・・相手、、居ないですよね、今の師匠は、?

HIRO 自己消化ってのは、、、?

元女 ずいぶんと思いきった発言を、、、(^_^;)

弟子 師匠ならやりかねない、、、、

HIRO このやり取りは、フィクションであり実際の
   会話としては、存在しません。行動も、、、笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =