記事一覧

No.0327 時を超えて今、何かが始まる、、、。

2002-07-16
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0327
*======================*
作成 2002-06-01
課題 時を超えて今、何かが始まる、、、。
副題 万学の歴史

 「時を超えて今、何かが始まる、、、」これは、
僕が前の大学で自治会の副会長を勤めていた時に、
大学部の文化祭での課題として、僕が提案したもの。

 もともとσ(^・ω・^) ボクは、高校を18歳になる
少し前に自主退学をしており、その後の21歳にて
再び学習の場として学校と言う場を求めていった。

 地元の定時制高校を1年生からやり直すつもりで
あったのですが、学校側からの提案で第三次学年の
編入を勧められ編入試験を受けた後に進学となった。

 周囲には、17〜18歳が主体となった生徒と、
留年、編入など19歳以上の人達も数人居たけど、
σ(^・ω・^) ボクのクラスでは、片手の指の数で
足りてしまうほどしか居なかった。

 そこから新たなる学校生活が始まるり、部活動や、
学習、もちろん仕事においても活発的に行ってきた。

 定時制高校でわ4年制で、3年生を終業後にもう
一学年ある。その時期にちょうど部活動においても
積極的に活動し秋を迎える頃に「大学への進学」を
本格的に考えるようになった。

 始めは、社会・文化・思想・哲学・科学・政治・
・医学・経済・環境に関心を持っており、商業学も
学べるところと言う事で、とある私立の短期大学を
受験する予定だったのですが、その後に学校側から
埼玉大学経済短期大学部への受験を勧められたのだ。

 ・・・短期大学部で、夜間と言う事も有るけども
国立大学には、変りない。なにより、学校側に対し
「なんでそんな、大学を進めるのか!」と反感を
抱きつつも受験した。実は、受験に対して不合格と
なっていた。

 しかし、、、補欠の入学と言う枠に空きがあり、
後日において入学希望における電話連絡があった。

 高校の方は、既に卒業しており卒業式においても
一つのドラマがあったがここでわ語らない、、、笑

(スタイルをばっちり決めつつ式に遅刻したのだ)

 大学進学を諦めきれなかったσ(^・ω・^) ボクが、
補欠入学にて進学する事ができたのだ、、、。

 補欠だったけどもその時は、(T.T)ほど嬉しかった。

 入学の手続きなどで大学に行き自治会へ自治費を
収めた時に、「自治会の役員をやらないか?」と声を
かけられ、後に自治会の副会長を1年生で勤める。

 実は、この学部がσ(^・ω・^) ボクの入学した代で
学部最後の入学制となり、翌年期から夜間主制大学
(4年生大学で2学部的学部)としての生徒受入れが
始まる事が決っていた。

 そうした中で、学部の学生自治としての活動では、
最終の期でもあったのでした。また、この時期にて
自治会の「昼間部との統合」などを行いってゆき、
自治会としての機能の調整を図る活動もしていた。

 そうした時期に、大学の学習を踏まえて決めた
埼玉大学経済短期大学部の文化祭テーマだったのだ。

 人の歴史は、引き継がれ
        語り継がれる事で 未来が開ける。

 だから、昔の時を経て
        現代人に何を語りたく歴史を残し
 
 現代人に 何を伝えようとしたのかを 
        感じる学習を 求めて欲しい

 そして同じ過ちを 繰り返さない為にも、、、。

 「時を超えて今、何かが始まる、、、」

 これは、当時の役員の皆に明かしていなかった
テーマの本当の意味でした。

 皮肉にも湾岸戦争も発生した年でもありました。

 当時は、インターネットでなくパソコン通信が
流行っており、之における分野でのホスト運用を
(今で言う、サーバーかな?)しており、ここで
「Knowledge School」と言う、
BBS(現代で言うホームページ兼ボード群)を
運用していました。日本語で言う「知識学校」。

 そして時を経て、「正義の名の下に」が生れ、
「万学」が誕生し今では、万学?の発行も始まり、
本格的実践社会との学習を交えてます。

 時を超えて今、何かが始まる、、、。

それは、個人が社会的に動き出す時でもあるのだ。

 皆が居なきゃ、社会なんて言えないじぇ〜い♪

♪ルン o(^ω^o) (o^ω^o) (o^ω^)oルン♪

 万学は、今日もあか抜けて終った、、、笑

o(^▽^)o デヘ♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、時を超えて今、何かが始まる、、、。

天才 哲学者達の言葉は、何時の時代も共通であり、
   その真意を突き止めれば行着く所は、同じだ。

秀才 歴史と言う言葉は、未来において過去での
   出来事を学び、未来を切り開く為にあるのだ。

馬鹿 時を超えて今、請求書が届いたんだけども、
   もっと先迄、超えて欲しいのだけどもなぁ。

HIRO 過去を学ぶ事をは、未来を学ぶ事でもある。

弟子 じゃぁ未来を学ぶ事は、過去を学ぶ事と同じ?

元女 未来を学ぶ事は、過去を知らずして失敗する
   事を意味するのぉ〜。

HIRO ・・・元女、お前の事だよジロ (¬ω¬)・・→

元女 聞いてなかった事にしていあげるわ♪
   パンチ!!( -0-)=○)彡(☆)゚O゚)アウッ!

弟子 ・・・なるほど、現実的な学習の場面を目の
   当りにした、、、笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =