記事一覧

No.0323 亡命とマスメディア

2002-07-06
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0323
*======================*
作成 2002-05-17
課題 亡命とマスメディア

 この課題の言葉が日本人には、存在しない事を
皆さんは、ご存知だろうか?

 「亡命」という言葉の意味は、政治的、宗教的を
含む理由により、それまで住んでいた国を抜け出し
他国へと逃げる事を意味する。

 つまり、それまで住んでいた国での生活が合わず
他国に出国して生活をしたいが、国がそれを許さず
そこから逃れる為に取る手段とされている。

 ところが日本人は、法的に海外への自由な移民を
認めており、事実上における「亡命」と言う言葉は、
存在していない。

 しかし移民ができる権利が日本人としてあっても
移民先である国が、それを受入れるかが問題である。

 今回、北朝鮮人における中国の日本領事館潜入は、
中国を経由して、日本領土への救済を求めた行為で
あるとされている。しかし、その前の段階でテロに
おける防御策として事前に怪しい人物の排除要請を
行っている事からも、一見して不信とされる人物は、
警備として中国側に一任されている事からも、防衛
的な処置であったと言える。

 しかも武装警官の目的は、不審者の確保であって
侵略行為や、越権行為として扱われる物でないとも
判断出来る。

 逆に、日本領事館へと身なりが貧しくても爆弾を
所持して入った場合や、銃火機を持って入った場合、
殆ど無防備とされる領事館内は、殺傷目的の場合に
全滅に近くなる事がよそくされる。

 日本国土での駐在米軍基地問題もどうようだが、
本来の領土とされる相互関係において、政治的にも
潤滑良く行政業務が行われるべきであって、今回の
事件の様に、「北朝鮮からの亡命(祖国での違法的
行為)」は、日本人の観点からだと「可哀相」だが
北朝鮮人としては、犯罪行為に値する。つまりは、
国々の視感によって、異なる意見が飛びかってるが
「日本領事館へ侵入した北朝鮮人」の最終目的は、
亡命であり、日本国領事館でなくても他の手段でも
良かったわけであり、中国側での武装警察官による
領事館侵入行為後、中国側に身柄を拘束されている
人達にとって、領事館の侵入などが問題でわなくて
亡命ができるかどうかが自分の生命に関係する事で
あって、世間騒ぐほどに問題としていない。

 TV等のマスメディアで騒がれている問題には、
国民的にも過剰に反応しすぎである。と言うよりは、
こうした事から惨事が多発している事を日本国民が
自覚していない。

 例とすれば「松本サリン事件」等を初めとする
大事件をはじめ、日々におけるゴシップに対して
誤った認識をさせる恐れがある。

 デュマと言う言葉があるように、マスメディアの
ゴシップにおいては、ある意味で規制されるべき
内容もあると考えられる。

 つまりは、不明な事実を独自の解明説によって
特定をしてあたかも、自社説が信実であるかの如く
記載されている文面に関しては、社会的にも問題が
あると行って過言でない。

 噂や、デュマは、名誉毀損にも値する行為でも
あるが、時として人の精神を傷つけ生命までもを
死へと追いやる事も有る。

 こうした現象を防ぐ為にも、事前の保護策だと
考えられる。が、犯罪の隠蔽行為としては、之に
値しない。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、亡命とマスメディア

天才 亡命という行為に対しマスメディアを通して
   世界に波紋を引起こしたが意見は、千差万別。

秀才 国々の社会的な慣習によって、意見が異なる。
   少なくても祖国の北朝鮮国に対して罪である。

馬鹿 今回の事件は、予めマスメディアが把握した
   自体であって記者もそれに対して絡んでいる。

HIRO 日本人の意識として、自らの日本人としての
   自立心にかける割に、島国根性が強いせいか
   他国との小競り合いに対して、民間が大事を
   叩いて意見している、、、。

弟子 いかに一般民間人が重要意見を言ても、それ
   自体が政府に反映されるわけでない。

元女 強いて言うならば、政党的な不信を抱かせる
   だめの材料にすぎない。

弟子 でもさ、そんなに政治に不信を持った国民が
   いるなら愚痴を世間で言って言ってないで、
   他国に亡命をしたり、自ら政治家に成るなり
   して、自分の文化維持を図れば良いのにね?

HIRO それができないのが、日本人の特徴さぁ〜♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =