記事一覧

No.0311 ガガーリン少佐への疑惑

2002-05-28
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0311
*======================*
作成 2002-04-20
課題 ガガーリン少佐への疑惑

 とあるテレビ番組で、アメリカの月面着陸成功は、
地上のスタジオ撮影で行われた物であり、実際には、
月面着陸に成功をしていないと言う疑惑が浮上した。

 ところがσ(^・ω・^) ボクの方の情報だと旧ソ連の
世界初とされている宇宙飛行についても疑惑がある。
 この内容に付いては、1961年04月12日に
旧ソビエトの宇宙飛行士であるガガーリン少佐が、
宇宙船ボストーク一号にて、高度187.7マイルの
上空宇宙を89.1分で地球を一周したと言う物だ。

 之を真っ向から否定するのが、ハンガリーのSF
作家である「ネメレ」その人である。之については、
彼自身が10年の年月をかけて調べ上げた結果で、
その根拠として以下の点が上げられている。

1.宇宙船が発射された当日(04月12日)には、
  既にポーランド統一労働党の機関紙に成功したと
  記載されていた。

2.帰還後の記者会見においてガガーリンは、宇宙の
  印象を語るさいにメモを読みながら話をしていた。

3.ガガーリンは、「宇宙から北米大陸が見えた」と
  語っているが、飛行経路や時間帯を調べてみると
  彼が北米大陸を飛行してる時間帯は、夜であって
  大地を肉眼で確認するのは、困難である。

 以上の3点が疑惑の論点となっている。

アメリカのアポロ計画の疑惑からも、今回の情報は、
かなり人の関心を引くものと成りそうですなぁ〜♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、ガガーリン少佐への疑惑

天才 宇宙の神秘は、ときとして人体の神秘にも
   例えられている程だ。だからこそ己を知れ。

秀才 アポロ計画の疑惑もあるが旧ソ連の疑惑には、
   UFO疑惑としてもアメリカと同様にある。

馬鹿 宇宙飛行士を疑うという前に自らが科学者と
   なって自ら他事実を確かめてみるべきである。

HIRO 宇宙への科学と好奇心は、人類永遠の課題と
   なるであろうが、果して宇宙を開拓出来るの
   であろうか?

弟子 あれ?師匠は、宇宙開拓促進派でしたよね?

元女 宇宙の神秘よりも時期的に女体への好奇心が
   強いのよ、、、ボソ

HIRO (☆ω☆)キラーン!!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =