記事一覧

No.0295 命行為の危険性

2002-04-22
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0295
*======================*
作成 2002-03-19
課題 救命行為の危険性

 先日、救命技能に関する心肺蘇生方法について
ご紹介しました。しかし、こうした蘇生方法にも
危険があります。

 心肺蘇生方法の手段として「人工呼吸」があり
通称「マウス トゥ マウス」と呼ばれる方法が
あります。これは、殆どの方がご存知の方法だと
思いますが、意外にも危険な方法でもあります。

 「マウス トゥ マウス」は、文字どおりに、
「自らの口から、相手の口へ」を意味しており、
之によって呼吸を人工的に行い、蘇生を試みる。

 しかし、之における危険性として感染症が、
あげられており、今日問題となっている。この
感染症には、唾液、血液等によって蘇生の歳に
感染してしまう危険性が指摘されており善意の
行為における、見えない危険として指摘されて
います。こうした感染症を防ぐために行為前に
出血の有無などが確認され、口腔内だけでなく
外傷の出血などに対しても直接触れる事が無い
ように指導されている。

 また救命の歳に「医療用のゴム手袋」などの
感染防止用具を準備する事が好ましいと指導が
されており、「マウス トゥ マウス」の時に
必要となる感染防止用具なども売られている。

 一般の人が救命行為をする歳に、一番注意を
しなければならないが、外傷出血にでの血液に
触れない事と「マウス トゥ マウス」にて、
唾液、血液などを取込まない様に最善の防備を
する事がとても重要となります。

 勇気ある行動にも最善防備があり初めて成り
立つと、行って過言でないでしょう。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、救命行為の危険性

天才 感染症における問題は、近年での話題であり
   その昔には、そうそうに話題とならなかった

秀才 医療の場における看護婦の作業にて感染症が
   明るみになり救命処置についても検討された

馬鹿 「マウス トゥ マウス」を行う時の注意と
   してディープキッスは、避けるべきである。

HIRO 善意成る行為に対して、感染症などにおける
   危険性が伴う事は、かなり不安な事実である。

弟子 今日においては、一般人の急な救命行為にも
   自らの安全性が確認出来ない限りにおいては、
   無理に行わず、周囲に助けを求める事の方が
   重要だとされています。

元女 HIROの救性行為に付きましては、、、♪

HIRO o(^▽^)o☆彡ヾ( ̄ω ̄) おい!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =