記事一覧

No.0275 北朝鮮の文化改革は、あるか?

2002-02-24
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0275
*======================*
作成 2002-02-10
課題 北朝鮮の文化改革は、あるか?
副題 <日記> より 2月9日 23時35分
☆HIROの世間話☆

 アメリカも正義の名の基に、諸外国に
宣戦布告をするほどに、至ったか、、、汗

 ちなみに日本にとって一番厄介なのが、
北朝鮮で、この国とのトラブルが発生した
場合には、かなりの影響を受ける気もする。
 在日朝鮮人もいるしで、かなり大変。

 北朝鮮の国内情勢は、麻薬などの薬物や
軍事品の輸出によって、経済が賄われている
そうです。つまりは、鎬を削っている状態。
 こうでもしなければ、経済が賄えない程に
追い詰めているのは、近隣諸外国であって、
覚せい剤などの、密輸入などにも国家的に
関与していると言われています。

 どの国もそうだけど、文化的発展が海外と
の交流により進めば、行く付くところは、
デモクラシーで、必ずといって良い程に
文化革命が発生する。むしろ之を期にして
政治的にも改新される。社会主義的な国家に
おいては、どの国もその影響を受けている。

 そうした点でも気になるのが北朝鮮です。
皆さんも近年のアメリカによる軍事政策で
戦地がその後にどう変化するかわかってる
と思います。戦争が始まれば犠牲者をはじめ
被害がでます。しかしそれをマスメディアで
世界的に中継する事により、各国から援助が
行われます。こうした自体に陥る国家には、
特徴があって、経済的にも国民が文化的に
発展しない。しかもその原因は、国家政策に
あるのだけど、歴史上国家自らそれを行う
と言う行為は、今まで従ってきた国民を
政府自ら裏切る事になる。しかし政府側の
シンクタンクとしては、文化革命なくしては、
国家政策が変わらない。旧ソビエト連衡国家
もそうでしたが、本来だと大暴動が発生し
国家内で内乱による死者が戦争並に出るところ
迫真の政治役者が自らの生命を国民にかけて、
文化改革を伴う、政治衰退激を演じたのでした。

 之における方法が、恐らく北朝鮮にも見られ
国民による政治改革運動は、お国柄上期待できず
改革の為には、戦争しかないとも言われています。
 実は、北朝鮮が戦争を行った場合においても、
文化史的な主観からだと、その後の先進国からの
援助や、急速な諸外国との文化交流に、政治改革、
総てが一新されてしまうことで型がつくのです。
 でもって、北朝鮮の官僚組みは、中国へと亡命。
もちろん、世界史的な台本があって裏工作により、
世界各国の首脳も、了承済み。むしろ、戦争にて
北朝鮮の官僚系列を処罰、戦死させた場合には、
国民から反撃を得るだけであり、文化改革には、
国民の意思として、それに至らない。よって、
このような場合には、かならず、権力者を逃がす。
 これは、アメリカの伝統的な戦争の方法で、
戦いの極意から取り入れていると、思われる。

 さて日本国家は、こうした自体が起きた場合に
国民をどう、指揮するのかが問題となるなぁ〜。
 戦争をして国家的規模での文化改革を成し
遂げる為にも、北朝鮮もアメリカも戦争を
したがっている。

 但し、気を付けなければならないのが、原発。
朝鮮半島にある原発が、何だかの影響で爆破され
てしまうと、気候の関係上で日本が放射能の被害に
合う事になる。その点を充分に考慮して欲しい。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、北朝鮮の文化改革は、あるか?

天才 社会主義の破綻後には、かならず文化革命が
   発生しているが、その総てが良いと限らない。

秀才 遅かれ早かれ、発生すると思われるが事前の
   段階において、外交を活性化も必要である。

馬鹿 テロと言える相手国がいなければ軍事商売が
   できなくなってしまうじゃないか!

HIRO 軍事産業による利益もかなり有益とされてる
   アメリカ国家が戦争の無い革命をどう思うか?

博士 それを何とかするのが、一人類としての使命
   なのでわないのかね?

HIRO ・・・日頃、獣と呼ばれていますし、、、。

博士 いつの話の事だか知らんが、見栄を張るな!

HIRO o(^▽^)o デヘ!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =