記事一覧

No.0265 売り言葉と礼儀

2002-02-18
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0265
*======================*
作成 2002-01-20
課題 売り言葉と礼儀

 英語で言う所の「Fuck You!」意味合の
語源は、性的衝動を男性に向けて皮肉った意味で、
「お前を犯してやる!」と「男だったら、かかって
来い」の裏側に「女々しいお前を、犯してやる」と
男性的闘争心を皮肉っている。
 闘争心と性欲情心の狭間に愛が有ると解く場合も
あるが、法学的に解すると「闘争と性欲を規制する
ために、法が有る」と考えるのが妥当である。
 余談だが私の場合は、女性から挑発を受ける事が
多くて「Fuck Me!」として使う事が多く
「男勝りのお前に物が有るなら犯してみろ!」との
女性の社会進出に伴う言動を開発している。笑
しかしその実用性がこの場で問われるかもしれない。
 ちなみに言葉にて相手を挑発する行為も相手への
策略的な戦闘誘発行為であって人間社会においても
倫理的な面でこれを規制している。
 言葉の語源からも解かる様に性的な衝動と文化的
交流方法は、密接な関係が有る。その規定が文化を
支えており武道で例えるならば礼に値する事である。
 武道における礼も、正々堂々と戦う事や戦う場を
弁えるための作法であって、これを怠ると敵とされ
真剣なる戦いとなり、生死を伴う戦いとなる場合を
意味している。武道家など武道を身に付けたものが、
むやみに対人に対して武力を行使しないためにも、
精神面から武道の有り方を追求する為に礼儀がある
との見方もある。
 日本の伝統的な教えに対して「忍耐」という物が
有るが読んで時の如くの意味合いだけで表現される
事で無いのだ。

 と言う事で今日は、ここまで、、、笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、売り言葉と礼儀

天才 生まれ持っての才能が活かされる私の存在は、
   秀才における無知から欲する知と異なるのだ。

秀才 天性における才能よりも経験的イデアを基に
   追求するのが私の存在価値で、実用性が高い。

馬鹿 キャバクラ嬢の気の安売りに乗って店に入り
   おつまみ、ボトルと大出費で高く付いたのだ。

HIRO 女性を口説くには、殺し文句が必要なのだが
   ゾンビの如く蘇る女性には、それが効かない。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =