記事一覧

No.0257 成り上がり代議士と、政治政策

2002-02-02
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0257
*======================*
作成 2002-01-07
課題 成り上がり代議士と、政治政策

 代議士の中において、国家公務員試験を通過した
議員は、比較的に少ない。そうした議員達が官僚を
指示するのだから、在る意味で傲慢で理不尽的だ。

 バブル全盛期に富を築き上げた代議士二世代目の
人員を筆頭に議員関連の人員は、優秀な秘書を従え
た代議士ほど優位に長期に渡り代議士生活ができる。

 学者における分野でも代議士として、官僚管轄で
の分野などでも活躍し始めている。

 成り上がり代議士の特徴として『富を分け与える
事で、靡く優秀な人材を探せ!』で、これに対して
独裁的な決断を下そうとする個人思想主義者では、
一律的な統一意識を追及し、代議士と言うよりは、
むしろ宗教家になる人物が多い。また、之における
思想が基点となって、繁栄した信者を従えて政治に
関与する新興宗教も多く存在しており、現代政治の
主格を勤める政党は、宗教、思想団体、その他団体
が複数的に関与しており、之により支持率を維持や
資金を維持している。

 こうした場合には、個人の能力よりも主人となる
人物を祭り上げて、側近がその恩恵に授かってゆき
信者は、働き蜂の如くの扱いとなる。

 今日の日本国は、国民という奴隷を従えている。
公務員は、バブル全盛期からの余韻で社会的地位を
維持しているが、そうもいかない。

 個人主義的の主権は、憲法で保障されているのに
その感覚を麻痺させている国家政策に、問題がある。

 社会的に優位な人材が少ない方が、末代において
優位な生活が送れるのである。

 尊敬できる人が、あなたには居ますか?
そんな人が、公務員や議員に政権者になって欲しい
と思いませんか?
 そしてあなたも、尊敬される人になりませんか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、成り上がり代議士と、政治政策

天才 資本に権力を注ぎ、自己意識を繁栄させる。
   独裁的でもあるが、一概に悪いと言えない。

秀才 独裁、共産、民主。一方的に良くなるならば、
   独裁ほど良い政策はないが、危険も多い。

馬鹿 独裁的思想に生き、共産的に社会貢献して、
   民主的に大衆と付き合う。男の身勝手かな?

HIRO 代議士だって、子供だって誰だって好奇心の
   基に追求する行為は、誰もが研究員である。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =