記事一覧

No.0256 丙午、そして少子化

2002-01-30
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0256
*======================*
作成 2002-01-07
課題 丙午、そして少子化

 今年は、馬年。さてこれにおける馬年の人口は、
国内で947万人だそうで、総人口の7.4%。

 ここで問題に在るのが、年齢別における人口分布。
2002年に12歳を迎える人口よりも、72歳を
向かえる人口の方が多いそうです。

 これにおける実態から少子化がかなり進行してる
と思われますが、できの悪い子供を育てて苦労する
よりも、少ない子供で愛情たっぷりに育てる方が、
効率が良いとも思われる。

 しかも就職難だという時代に、子供を産み増やす
先進国があったら、動物社会に等しいね、、、。
でも、多子を期待している現代政治家の意見を聞く
限りでは、『子供を多く産んで欲しいのであれば、
それなり社会環境を提供するか、動向を標せ』と、
言いたくなるのが人情でしょうし、もっとな正論。

 でも、政治家ばかりが悪いわけでは、ありません。
成人である以上は、社会人の一員としての責任をも
国民一人一人に分配されますから、選挙権などをも
含めて社会人一人一人がその権利を全うしない限り
子孫の多子繁栄は、難しいでしょう。

 まずは、都心に群がるカラス同様に、若者たちも
何とかしないとなりませんなぁ〜しかし、、、笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、丙午、そして少子化

天才 気の強い女性が多いといわれる丙午年の女性。
   でもやっぱり強い男がお好みのようですねぇ。

秀才 少子化における社会問題を深刻化する以前に、
   今居る成人の浄化を進めるのが先決だと思う。

馬鹿 お年玉をあげる率が低くなるので良いかとも
   思うけど可愛い子も減少するのは、許せない。

HIRO 社会への夢と希望と子供の数は、比例してる。
   夢や希望の無い時代に何を子供に与えるのか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =