記事一覧

No.0255 結婚と離婚

2002-01-28
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0255
*======================*
作成 2002-01-07
課題 結婚と離婚

 去年一年間での離婚件数が、28万9千件もあり
約1分30秒に一組が離婚している計算になる。

 ところがこの反対に結婚した件数は、80万件も
あって、これにおける現象の原因とされているのが
千年際における、思い出の便乗結婚だそうです。

 結婚の形も近年では、だいぶ進化してきている。
法学の言うところの婚姻は、夫婦が寝食を共にして
生活する事を意味していると言われているのですが、
女性の社会進出に伴い、夜勤の女性や寝食を共に
しない夫婦も多く存在し、単身赴任などもある。

 ちなみに近年の法律から夫婦の離婚条件として、
『3年間の別居生活と夫婦行為が認められない』と
認めれる場合には、夫婦生活が破綻しているとも
言えるとして、申し出あがあれば離婚の理由として
取り上げられるそうです。

 ちなみに結婚の形も変わっており、夫婦行為は、
ある意味合いで『子作り』を意味していますが、
これを伴わない上での合意の結婚などもあって、
法的な解釈としては、現状においてかなり不足。
 こうした面からも改めて婚姻と離婚に関する、
道徳と法律のあり方を検討する必要がありそう。

 離婚の際の慰謝料の請求は、女性ばかりが
できると言うわけでもなりませんからね、、、笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、結婚と離婚

天才 もとは、男女の共同生活を意味合いとしており、
   子作りは、その副産物でしかないのだ。

秀才 社会組織という観点から結婚は、人間の生産を
   行う行為にも通じる事から、その意味合も強い。

馬鹿 結婚の相手を良く選んでおけば、離婚の際も、
   経済的に不便しなくてもすむのだと、思う。

HIRO 結婚は、憧れである。しかし離婚というものは、
   結婚生活を脅かす事実であり、これを恐れては、
   結婚できないよね、、、(^_^;)

元女 ふぅ〜ん♪ そう言う割に、今迄何人の女と、
   結婚を前提に付合って分かれたのかねHIRO君?

HIRO 誰だって口にしたくない事は、一つ二つ在るさ。

元女 一つ二つなら良いけど、聞いている限りでは、
2  両手両足で足りるような数じゃない様だけど?

HIRO ・・・黙秘します、、、(^◇^;)

元女 冗談で言ったんだけどなぁ〜(=^m^) ウフフ。

Ps。最近、出てくる元彼女のコメントについては、
  ヒッ!!(*゜ω゜)(。><)クシュン!!
  であり、実在しませんのでご了承下さい。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =