記事一覧

No.0241 Seminal(ゼミナール・通称『ゼミ』)

2001-12-30
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0241
*======================*
作成 2001-12-15
課題 Seminal(ゼミナール・通称『ゼミ』)
副題 論破一統

 辞書などによると、指導教授のもとで特殊研究を
する大学の研究グループを意味しています。
 日本では、ゼミと言えば学習塾などを若い頃から
耳にしている事もあって、何かと勘違いしがちだ。

 ところがそれは、○○ゼミに通う生徒さんの視野。
実は、学習塾などに付いている『ゼミ』は、受験生
の学習をいかにして補助して行くかを問う場所でも
あって、じつのところ先生のための看板名だった?

 ちなみに、Seminalを開催するに至っては、
やはり大学教授か、それなりの指揮力を持った人物
の指示のもとに研究を進めるものであって義理論を
するためだけの場では、ありません。

 Seminalにおいては、必ず課題があって、
理論をもとに、いかにして理想の解答を導き出すか
を問われる場であって、水掛け論を発する場で無い。

 法律で言うならば、必ず「正と非」に判れる事で、
お互いで、自分の理論を守って行く事が求められる、
Debateを行っていく形式があって、名づけて
JudgeGameと言うのがある。

 このGameは、「正と非」に別れた班が自分の
側の主張を守らなければ成ります。主審は、一定の
条件を与え理論的に双方が理想の結論まで導きます。

 これは、悪までもGameであって結果が真実と
言うわけでありません。これは、いかなる状態でも
自分側を有利な立場に理論上で持っていく行為を、
養う物であって結論による課題の主観を問いません。

 ちなみに、Game理論を把握しているとかなり
有利と思われます。

 僕の口癖で言う『論破一統』は、自分以外の理論
を引き合いに出し、とことん崩して行き壊れきって
から今度は、論議に参加した人物が自分達で理論を
共同で組み立てて行き、互いの良い部分を結合させ
有力な理論を生み出す事を意味しています。

 一般的には、『雨降って、地固まる』に似ている
のですが、自然の現象で無く悪までも参加者が敵対
的であるが、協調を意識しているか求めている場合
だけに限られている。

 ちなみに相手を打ち負かし、自分だけの理論を
通す場合においては、只の『論破私利』に過ぎない。

 『論破一統』の利点は、論議に参加した人物達の
理論を全て交えて、一つの答えを導く事であって、
参加者の理論が誰も結果的に否定される分けで無く
例え否定された自分に意見があっても、そこから導
かれた物は、非あって検討された物であり、非無く
しては、存在しない事になり事前での防衛作になる
重要な事なのです。つまりは、否定される理論には、
欠点が指摘され、その部分の強化が行われる事で、
正式な物へと、近づいてい行きます。

 万学では、『論破一統』『諌言秩序』を主にして
論じてる事が多いです。

<おしらせ>
万学が新しくなります♪
『新 万<よろずがく>学 ?』(仮タイトル)
来年度の更新を予定しています。
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

万学的、Seminal(ゼミナール)

天才 万学は、お遊びであってSeminalには、
   値しない物である。が! (−。−)y-゜゜゜

秀才 Seminalは、初々しいい純粋な思考で
   の意思から求められる解答を有効としており、
   博学的な研究生より新人の意思が求められる。

馬鹿 夏来ればァ〜 蝉も生徒も鳴く ゼミナール

HIRO Seminalはつまり博識な指導者のもと
   生徒など従う物が一つの理論を現実論として
   導き出すための研究であって議論の場で無い。

子供 蝉の方が、興味あるお年頃です、、、ボソ

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =