記事一覧

No.0226 -Clone-の存在価値と、倫理

2001-12-14
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0226
*======================*
作成 2001-11-28
課題 -Clone- 特定の遺伝子方を持つ均一の遺伝子
副題 -Clone-の存在価値と、倫理

6.犯罪者のCloneと、生活環境
 科学的な倫理と、一般民間人での倫理とは、
大きく異なる。σ(^・ω・^) ボクの推測が
正しければ、世界一凶悪犯のCloneを作成して、
善良な市民として教育した場合に、結論として
善良なる市民が誕生すると断言したい。
 一般的な宗教では、他人との親密さが問われ
これにおける人間社会を保つ為に存在している。
 ところが、どの宗教においても極論点での
思想には、当人個体での「意思(魂)と肉体」
が主眼点であり自らを理解する事は、自らの
存在を理解する事になると導かれる事となる。
 現在における犯罪者は、犯罪が発生する迄の
生活環境に9割以上関係していると言って過言で
ない。ゆえにCloneでの極限的近親の誕生より、
社会構成の方が重視されるべきである。

7.他人の価値と、Cloneの価値
 血縁である子孫は、誰しもが愛しく思うはず。
しかし夫婦は、他人である。Cloneだとどうか?
実は、科学的な分野で勘違いしがちであるが、
「科学的近親」でありつつも数学的には、個体
の元体におけるCloneの作成においては、元体と
同じく提供された、卵子・精子、母体が必要で
結論的には、母体(現在のところ女性)が必要。
 つまり女性(但し、人と限らない)身体が、
胎児としての成長促す上で、同等環境が必要で
ある。これを工学的に行えるのであれば、この
限りでないが、、、。
 一般人が聞く限りでは、Cloneは、Copy機の
如く元体を元に、同等の成長過程を持つ生物を
作成できると勘違いされがちだが元体において
それが絶対的にありえない。元体を元に複数の
Cloneを作成する事が可能でるに過ぎない。

 ここで価値観の問題だけど、自分と同じ性格
を持つ物として、自分の近親一等の子孫(自分
の子供)があるが、その価値観以上に科学的な
愛情が加えられるであろうか?
 価値観と言う者は、人間の個々における要情
での尺度に過ぎない。ところが、宗教的には、
これを対比とにおいては、一般的に均一を図る。
 そして極論的には、「異性間で種の保存を
拒否する」事が求められる。しかし時代の進化
から、その倫理にて求められる本能的な科学の
要望では、他人との性交無しに自らの種を保存
する事なのかもしれない。それが「神に使える
物のジレンマ」を解決する事となるだろうか?

8.Cloneと神の領域
 この世は、神が作ったとの意思から導かれる
結論としては、Cloneの誕生は、神の領域である
と科学者への過信的意思を一般的に持っている。
しかしこの考えは、倫理的でないと同時に危険。
 『神の領域』が何で成るかを一般的に理解を
していない事もあるけど神の領域として崇める
ことで、科学者の向上心を図り、技能的な人物
に神意的な意思を持たせるのは、大問題である。
 
 『神の領域』人は、自らの領域も理解できて
いないにも関わらず神秘的な思想を抱く事にて
こうどうな技術者の人為的価値観を高めている。
 これによって永年における人間的価値観迄を
補充できるが果たしてその意味合いが何を意味
する事となるのだろうか?

 神の領域だろうが何だろうが、所詮において
人間は、人間である。石の上に三年もいれば、
自らが人である事を悟れるだろうとの、仏教的
な皮肉である例えにもあるように人間は、人間
でありつつ、それを維持して行くか進化させな
くては、その意味合いが無い。

 課題と異なるけど、面白い考えを提供する。

今生きていこの世界、神の創造で無く、別の生
物での繊細なる想像の中での存在だとしたら?
目覚める時、全てが消えるなどと考えるのが、
SFである。そしてもう一つあって、この宇宙は、
別の生物の体内の中である?との考えもある。
 つまりは、それほどまでに生物の身体には、
神秘性が隠されており、神を知るよりも自らの
構造を知る事が先じゃないのかと、思えるが?

 知的な想像の世界、そこから生まれたClone。
この世界は、先祖が夢に抱いた想像の世界か?

平和だなぁ〜 ( ̄◇ ̄)y− .。o○

いや次回においては、平和の神意を理解して

もらおう(−ω☆)キラ〜ン♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

万学的、-Clone-の存在価値と、倫理

天才 知的な満足を踏まえた種の保存方法であり、
   「科学的な近親」を意味しているに過ぎない。

秀才 急激な環境変化における身体の進化などにて、
   将来の人類が進化的に効率良く環境に対応で
   きる血族的交配と種の保存が可能である。

HIRO 遺伝子レベルの恋愛がしたい今日この頃。
   今宵、君の恋愛遺伝子を探りに行きます♪
   バイセクシャル HIRO(−ω☆)キラ〜ン♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =