記事一覧

No.0218 人口問題

2001-11-30
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0218
*======================*
作成 2001-11-03
課題 人口問題

 つに65歳以上の人口が15歳未満を超えてしまった。
今日における不況に置いて、高齢者の就職先に付い
てもままならない現代において、どう解決すべきか?

 ここで提案したいのが、海外への求職進出です。
とくにアジア圏内の中でも中国などが有力な地域で
既に西洋の大企業は、生産における拠点を築いて
いると同時に、人材を少数ながら贈っている。

 日本教育の分野では、大学卒程度であれば十分に
海外でも活躍できると、推測できます。しかし語学
面での負担が伴う上に、現地での生活風習に付いて、
やはりそれに従う事が好ましいので、生活観を原点
から変える必要も有ると思われます。

 日本の人材は、以外にも優秀でその気になれば、
海外でも十分に通用するもので、これにおける分野
での開拓を、人材派遣会社や行政側でどう支援して
行くかが、重要視されるところです。

 ボランティアでの無償奉仕も良いのですが、僕的
には、生伝を教えるならば、労働力やその知識が
ある程度の段階まである地域においての支援方法は、
資金や物資でなく、その地域での生活習慣において
どう改善するべきかを現地の人と研究する事が良い
とされ、その為には、先進的な文化を持った人間が
現地の自然を守りつつどう発展すべきかを検討する
事が必要です。

 無料での支援よりは、有料での支援を優先し、
これにおいて経済と言う面での社会知識を必然的に
学んで欲しいと考えています。経済意識の無い地域
では、経済的な発展が見こまれず文化保守であって、
永遠の貧困を維持するための支援でしかない。

 貧困に対して支援をするのであれば、その後での
経済を支援すための人材を育てられる自信があって
始めてできる事だと考えます。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

万学的、人口問題

天才 動物の中でも人間は、環境適応能力がとても
   発達してる。これにおける知識を得たり学習
   したりもする。

秀才 人工的な問題では、知識が高い文化において、
   人口生産の分野において凄く消極的であって、
   宗教などの分野からみても、多子を好まない。

馬鹿 生ませる事よりも行為が好きなので、できな
   い方がナニかと、楽しみも増えるかと♪

HIRO 子供は、一人の子をしっかりと育てたいなぁ。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =