記事一覧

No.0215 Game理論あれこれ、、、

2001-11-24
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0215
*======================*
作成 2001-10-28
課題 Game理論あれこれ、、、
副題 共に利益をれる『Positive sum Game』

 前回、ZerosumGameに付いて触れましたが、これは、
零を基点として、勝者が得た利益分だけ敗者が不利益
を出すという物でした。

 そこで共に利益をえれる理論がいものかと調べた所
『スタッフが一生懸命〜探してまいりましたァ♪』と
言うわけで、私がスタッフとして二役をこなし探した
ところ、ありました!

 その名を『共に利益をれるPositive sum Game』!
これは、Gameに参加した者が全員利益をえれるように
むしろ努力するGameであって、利益取得だけ得なく、
互いに利益をえれる事を追求すると言う、素晴らしい
Gameだったりもします。

 そこで、私の今後の人生においても共に利益をれる、
Positive sum Game 思考を用いて 新たな人生論、
Positive Sum Life Game として展開したいとの
考えです。

 どう?

 ちなみに、この他にも「チキン(腰抜け)ゲーム」
「プラス・サム・ゲーム」もあります。それぞれの
意味合いに付きましては、辞書か経済辞典などにも
記載されていますので、各自で習得してください。
辞典の種類などによって、同じ言葉でも意味合いが
多少異なりますので、要注意です。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

万学的、Game理論あれこれ、、、

天才 Game 理論は、ある意味で人生観を苦境など
   含めて楽観的に思考できる、画期的な論理で
   それを習得し仲間に伝えGameに参加する事で
   人生観が大きく変わる。それをLife Gameと
   も言う。

秀才 Game 理論は、学者達の皮肉な表現だと言う
   悲観的な物も居る。楽観的に捕らえた物事を
   非難しているわけです。ここで登場するのが、
   反対派思考のエリート集団。これが怖いんだ。

馬鹿 Game 理論を用いる事により、日々の恋愛の
   駆け引きや、ベット上での駆け引きに対して
   も有効的である事を、私人身の体で立証済み。

HIRO 馬鹿が言うなら、、僕も、、、。

やはり、、、天才を超えると、、、トホホ

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =