記事一覧

No.0202 宗教としての存在と理解に付いて義務教育化の意義

2001-10-16
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0202
*======================*
作成 2001-09-30
課題 宗教としての存在と理解に付いて義務教育化
   の意義

 宗教的な争いに対しては、「相手の存在を認める。
理解する」事が重要であり、それがどの宗教にも通
じた「愛」に同等する物になる。

 私の宗教学的な理解として、キリスト教で言う「
ユダ」は、「資本主義」を意味しており、これが裏
切るとされる余韻に成ると、私的に解しています。

 仏教では、宗派にもよりますが「徳」を解するのが
資本的な教えを説く物であり、極論的な仏教では、自
らの存在の意味と死を主体に解いています。でもそ
の点では、西洋哲学でも、似た点があります。

 日本における神話では、幼児にも理解され易い様に
工夫された「古事記」があり、これ自体が難しい書
面で表されているが、これを人に語るに付いては、
聞いた相手がとても判りやすい物である。但し、そ
の意味合いを説明する側が理解していればの話であ
る。宗教的な面では、古来より神道は、勇者を祭る者
であり、愚民を祭らない。これは、何を意味してい
るか?

 それは、人であり手も生前において神業的な能力
を持ちこれを人類の末代において、その勇者を見習
うべく存在として祭ろうとの行為である。

 日本人でありながら、戦没者の存在の尊さを理解
できない事は、日本人としての自らの存在を否定する
事でもあり、明らかに、戦没者やその生き残りの血
を受け継いでいる事を忘れている。

 どの宗教を信仰しようと自由の国である。しかし、
これにおける「宗教存在の意味合い」を理解すべき
は、自由を課した国の義務であり、国民にそれを理解
させる様に努力すべきである。つまりは、義務教育
の範疇である。

  • --

以上

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

万学的、宗教としての存在と理解に付いて

天才 その存在は、まさしく神秘である。しかし
   エジプトを主体とする神秘は、現地の女性の
   顔の如く、ベールに包まれている。

秀才 多くの民衆意志を統一する事は、文明の進化
   において、大きな力を発揮する。しかし、そ
   れ同等の反力もある。

馬鹿 新興宗教、近代宗教。などなど、色々と儲け
   させてもらいました、、、o(^▽^)o デヘ♪

HIRO 私を教祖と呼びなさい、( ̄^ ̄)エッヘン!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =