記事一覧

No.0196 憲法の見だし文面 その3 と その4

2001-09-26
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0196
*======================*
作成 2001-
課題 憲法の見だし文面 その3 と その4
副題 国外諸国と友好的な外交
副題 政府による「戦争参加」は、行なわない
 
 外交に関する課題だけど、国際交流に纏わること。
今日では、世界各国に散らばっている日本国大使館の
親善大使達は、先日もニュースの話題となった経費横
領などが行われ親善と言うより唖然の対し達である。

 「戦争による参加を行わない」とは、侵略を意味し
ており、これを伴わない戦いは、戦争で無いとすると
の学説もある。しかし戦争は、戦いを意味しており、
侵略における戦いは、「侵略戦争」であって、それ以
外にも「宗教戦争」などが挙げられる。よって損略
目的の戦争以外の場合においても之が規制される。

 長い年月をかけて話し合い、文化的な大きな傷を
癒して行く方法が、理想とされている。そして同じ過
ちを二度と繰り返さないためにも、歴代に渡り歴史の
不祥事に付いて、教え語る必要もある。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

万学的、「戦争不参加」と「国外諸国と友好外交」

天才 国内における外国人における犯罪が多発して
   おり、之における被害も大きい。こうした外
   国人において、どう処置するかが政府課題だ。

秀才 PKO問題が挙げられる。憲法は、もともとマッ
   カーサー等の手により作られた物であって、
   彼らの意志を通して断固拒否するべきでもあ
   る。軍人は、人殺しを行う目的での存在で無い。

馬鹿 007やミッション・イン・ポッシブルのように
   事前に世界的な惨事を防ぐ秘密工作を行わな
   いとならない。その為には、ボンドガールや
   美人のパートナーが必要になる。

HIRO 正義の名の下に戦い、正義の名の下に友好を
   深めて行くような、正義感。もし正義が無け
   れば?正義が弱者にとって悪と成る時がある。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =