記事一覧

No.394 陳情、請願に付いて、指導を行える公務員を育てる

配信 平成24年10月17日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.394
作成 平成24年08月14日
課題 陳情、請願に付いて、指導を行える公務員を育てる
副題 日本に居住する全員に、陳情、請願を利用させよ!
配布 平成24年08月14日

==== 本文面に付きまして ====
 現行の衆参議員、並びに各公共機関宛に
報告書を作成、配布を行っております。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、逆に何だか政治、宗教などの
団体が、本文と同意的な思考にて活動を
行っていたとしても、一切に関係が無く
私の経済性における観点での内容に成る
ので、予めに御理解を下さい。

 なお、担当や管轄に値をしない内容でも、
参考資料として認識されたく想っています。
(該当省庁、機関にも別配布を行っている)

= 趣旨 =
 請願、陳情、国(都道府県、市町村)民の
意見、要望、苦情などを行える権利などを、
公務対応(接遇)の能力欠如で、一般人から
剥奪している状況にあり、不経済である。

 また、そうした状況は、違憲的であって、
国家公務員法・第九十九条、地方公務員法・
第三十三条にも違反する。

 よって、そうした公務状況を改める必要が
あるので、職員への教育を改められたい。

=== 対策 ===
 公務員の初期研修で、全職員に請願、陳情、
一般者(外国籍人も含む)からの意見、要望、
苦情などを受けた時、それらが適切に行える
ように、指導、訓練を行う必要がある。

 その原理は、公務員側に憲法・第九十九条
の義務がある観点から法令厳守の義務が課せ
られつつ、更に憲法・第十六条にて平等性の
定義があり、実質的には、「それを国民にと
教えたか、否かでわなく、一般人の実行力に
伴った、経済性の向上を目論む必要が有るの
だから、必要に応じて法令を前提とした公務
対応が必要で、憲法の前文にある『われらは、
全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から
免かれ、平和のうちに生存する権利を有する
ことを確認する』との観点からも、国民なら
『公民』などの学習にて教わっているかとも
想われるが、それを教わっても実質的にと、
必要とされる時に、『欠乏』が有るならば、
それを憲法・第九十九条の観点で公務員側が
適切に指導をする義務がある』と判断する。

 よって、公務員の接遇における基礎能力と
言う観点では、何だかの理由(窓口論争や、
条件の不一致)により、一般人を憤慨させ、
何だかの権利を消失させてしまう状況では、
違憲的であり、そうした状況を「国民側の
自助力が無いから悪い」のでもなく、我が
国の経済性における低下も、公務員側での
一般人に対する軽蔑性に伴った意識で構築
された社会構造にあって、それらが徐々に
改まっているが、『公務員への教育』との
部分で、「明らかに欠如がある」のだから、
相応の教育を行われたい。

 なお、公務員達の能力は、国家公務員法・
第九十六条、地方公務員法・第三十条での
観点から、奉仕の誠心で成立つのであって、
他の一般人より優れた能力を有すると認め
られる公務員試験を経ており、その優秀と
される技能は、憲法・第九十九条を原点に、
国民が法令を基礎として経済を発展させる
生活基盤を護る公助の立場にあり、一般の
(外国籍人を含む)人における、法令等の
欠乏を補って(憲法の前文)、また理解を
求める立場にあり、それらの接遇能力にと
欠けている人員(国会議員、各種議員等を
含む)は、今時代なら必要とされない。

== 結語 ==
 私の個人的な犯罪抑止研究(経済研究の
一部門)だと「一般人の多くが、憤慨した
後に、適切な対処が行えない」と言う事が
原因と成り、『(一)我慢をするか、(ニ)
不適切な応戦をする』と言う傾向にある。

 しかも世間的に『(一)我慢をする』を
常識だと教育する傾向にあるが、その場合
だと問題の解決に至らない。

 そうした状況によって、何度となく論争
(紛争)を繰り返して生じさせ、それらを
Heinrichの法則で例えるならば、「1件の
重大問題の背景には、29件の軽、中度なる
論争、口論(窓口論争)が発生しており、
更に、その要因に民の300人が不満などを
抱いている」との状況を設定して考えるの
ならば、「重大事件が発生する前に請願を
受取り、または、陳情と言う形式にて国民
からの心情を真摯に受け止めて、一般的な
国民による多くの声(意見、要望、苦情)
として、Internet上などから広聴的に情報
収集する体制が必要である」のだが、その
環境造りに付いては、既に提起してあり、
全国的に展開されている。

 ところが、国民の個々、また外国からの
移住者に対して、それら(請願、陳情)の
行い方を必要に応じて、権利説明を行える
公務員が異常に少ない。

 そうした状況では、憲法・第十六条にと
反しており、憲法・第九十九条に公務員が
反する状態にも陥っているのが現状であり、
それによる不経済事情により、多くの民が
犠牲に成っている。

 よって、日本国に居住をしている全ての
民へ、必要に応じて請願、陳情、一般人の
意見、要望、苦情などを行える権利が有る
ことに基づき、その方法を適切に公務員が
指導をすることが可能と成る体制が必要で、
公務の窓口で論争など生じない(口論や、
紛争などが生じない)よう『 接遇能力を
有する必要がある 』のだから、相応なる
教育(研修、試験)を行う必要がある。

 なお、経済的な効果としては、「 民の
不満が解消をされれば、人が犯罪に着手を
する確立も減り、その分だけ経済性も向上
するだけでなく、国民個々の性格に伴った
意見、要望、苦情などを受けることにより、
公務上の平等性(憲法・第十四条)を保つ
ための検討を行うことが可能になる 」と
判断でき、窓口などで生じる論争や紛争を
避け、経済向上が見込まれる事を意味する。

一、
 現状の公務員は、一般人に対して請願、
陳情、意見・要望・苦情の行い方などを、
適切に指導が行える人員が居ないので、
相応なる対応(接遇)が行えるようにと、
基礎研修へ盛り込まれたい。
 
ニ.
 上記、『一』の能力を満たしてないと
される者は、憲法・第十五条に伴って、
罷免の対象に成る。

日本の国民、その一人より

本文の発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(尚、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関(地方自治体を含む)
(尚、電子政府、各自治体のHPから送付 )

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、陳情、請願に付いて、指導を行える公務員を育てる

天使 公務員への接遇教育は、重要である!

悪魔 一般人の方が、接客力が有るよね♪

=== 運用 ===
配信 平成24年10月17日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.394
作成 平成24年08月14日
課題 陳情、請願に付いて、指導を行える公務員を育てる
副題 日本に居住する全員に、陳情、請願を利用させよ!
配布 平成24年08月14日

==== 本文面に付きまして ====
 現行の衆参議員、並びに各公共機関宛に
報告書を作成、配布を行っております。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、逆に何だか政治、宗教などの
団体が、本文と同意的な思考にて活動を
行っていたとしても、一切に関係が無く
私の経済性における観点での内容に成る
ので、予めに御理解を下さい。

 なお、担当や管轄に値をしない内容でも、
参考資料として認識されたく想っています。
(該当省庁、機関にも別配布を行っている)

= 趣旨 =
 請願、陳情、国(都道府県、市町村)民の
意見、要望、苦情などを行える権利などを、
公務対応(接遇)の能力欠如で、一般人から
剥奪している状況にあり、不経済である。

 また、そうした状況は、違憲的であって、
国家公務員法・第九十九条、地方公務員法・
第三十三条にも違反する。

 よって、そうした公務状況を改める必要が
あるので、職員への教育を改められたい。

=== 対策 ===
 公務員の初期研修で、全職員に請願、陳情、
一般者(外国籍人も含む)からの意見、要望、
苦情などを受けた時、それらが適切に行える
ように、指導、訓練を行う必要がある。

 その原理は、公務員側に憲法・第九十九条
の義務がある観点から法令厳守の義務が課せ
られつつ、更に憲法・第十六条にて平等性の
定義があり、実質的には、「それを国民にと
教えたか、否かでわなく、一般人の実行力に
伴った、経済性の向上を目論む必要が有るの
だから、必要に応じて法令を前提とした公務
対応が必要で、憲法の前文にある『われらは、
全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から
免かれ、平和のうちに生存する権利を有する
ことを確認する』との観点からも、国民なら
『公民』などの学習にて教わっているかとも
想われるが、それを教わっても実質的にと、
必要とされる時に、『欠乏』が有るならば、
それを憲法・第九十九条の観点で公務員側が
適切に指導をする義務がある』と判断する。

 よって、公務員の接遇における基礎能力と
言う観点では、何だかの理由(窓口論争や、
条件の不一致)により、一般人を憤慨させ、
何だかの権利を消失させてしまう状況では、
違憲的であり、そうした状況を「国民側の
自助力が無いから悪い」のでもなく、我が
国の経済性における低下も、公務員側での
一般人に対する軽蔑性に伴った意識で構築
された社会構造にあって、それらが徐々に
改まっているが、『公務員への教育』との
部分で、「明らかに欠如がある」のだから、
相応の教育を行われたい。

 なお、公務員達の能力は、国家公務員法・
第九十六条、地方公務員法・第三十条での
観点から、奉仕の誠心で成立つのであって、
他の一般人より優れた能力を有すると認め
られる公務員試験を経ており、その優秀と
される技能は、憲法・第九十九条を原点に、
国民が法令を基礎として経済を発展させる
生活基盤を護る公助の立場にあり、一般の
(外国籍人を含む)人における、法令等の
欠乏を補って(憲法の前文)、また理解を
求める立場にあり、それらの接遇能力にと
欠けている人員(国会議員、各種議員等を
含む)は、今時代なら必要とされない。

== 結語 ==
 私の個人的な犯罪抑止研究(経済研究の
一部門)だと「一般人の多くが、憤慨した
後に、適切な対処が行えない」と言う事が
原因と成り、『(一)我慢をするか、(ニ)
不適切な応戦をする』と言う傾向にある。

 しかも世間的に『(一)我慢をする』を
常識だと教育する傾向にあるが、その場合
だと問題の解決に至らない。

 そうした状況によって、何度となく論争
(紛争)を繰り返して生じさせ、それらを
Heinrichの法則で例えるならば、「1件の
重大問題の背景には、29件の軽、中度なる
論争、口論(窓口論争)が発生しており、
更に、その要因に民の300人が不満などを
抱いている」との状況を設定して考えるの
ならば、「重大事件が発生する前に請願を
受取り、または、陳情と言う形式にて国民
からの心情を真摯に受け止めて、一般的な
国民による多くの声(意見、要望、苦情)
として、Internet上などから広聴的に情報
収集する体制が必要である」のだが、その
環境造りに付いては、既に提起してあり、
全国的に展開されている。

 ところが、国民の個々、また外国からの
移住者に対して、それら(請願、陳情)の
行い方を必要に応じて、権利説明を行える
公務員が異常に少ない。

 そうした状況では、憲法・第十六条にと
反しており、憲法・第九十九条に公務員が
反する状態にも陥っているのが現状であり、
それによる不経済事情により、多くの民が
犠牲に成っている。

 よって、日本国に居住をしている全ての
民へ、必要に応じて請願、陳情、一般人の
意見、要望、苦情などを行える権利が有る
ことに基づき、その方法を適切に公務員が
指導をすることが可能と成る体制が必要で、
公務の窓口で論争など生じない(口論や、
紛争などが生じない)よう『 接遇能力を
有する必要がある 』のだから、相応なる
教育(研修、試験)を行う必要がある。

 なお、経済的な効果としては、「 民の
不満が解消をされれば、人が犯罪に着手を
する確立も減り、その分だけ経済性も向上
するだけでなく、国民個々の性格に伴った
意見、要望、苦情などを受けることにより、
公務上の平等性(憲法・第十四条)を保つ
ための検討を行うことが可能になる 」と
判断でき、窓口などで生じる論争や紛争を
避け、経済向上が見込まれる事を意味する。

一、
 現状の公務員は、一般人に対して請願、
陳情、意見・要望・苦情の行い方などを、
適切に指導が行える人員が居ないので、
相応なる対応(接遇)が行えるようにと、
基礎研修へ盛り込まれたい。
 
ニ.
 上記、『一』の能力を満たしてないと
される者は、憲法・第十五条に伴って、
罷免の対象に成る。

日本の国民、その一人より

本文の発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(尚、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関(地方自治体を含む)
(尚、電子政府、各自治体のHPから送付 )

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、陳情、請願に付いて、指導を行える公務員を育てる

天使 公務員への接遇教育は、重要である!

悪魔 一般人の方が、接客力が有るよね♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =