記事一覧

No.0151 法と西洋宗教

2001-05-16
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0151
*======================*
作成 2001-05-06
課題 法と西洋宗教

 皆さんは、法学と宗教学がどの様に関係している
かご存知ですか? 

 日本人的には「戦後に海外から取り入れられたの
が現在の憲法等の法で、それ迄は、独自の帝国主義
体制の法を持っていた」と思いつく人も多いはず。
 高校生の時に倫理の学習をしたのであれば、日本
の法体制の基盤は、帝国主義的思想の物が主体とな
り、明治時代から統制が行われてきた。と言う事も
判るはず。

「宗教と法」ですが、宗教での規範(決まりごと、
規律など)は、法の範囲よりもかなり広くなってお
り、その内容においては、各地の文化や社会形態に
より異なります。

 なかでも不可思議な規律が「魔女裁判」などが、
地方的にあり、これにおける規律的な裁きがあった
事も事実です。

 文明の元素とされる、ナイル川の流域に文明を築
き上げた文明社会にも既に法と言う物が存在してい
るとされています。また、宗教学的には、キリスト
教の旧約聖書の「十戒」など原点にその繋がりがあ
り、これにおける後の社会への法の進化は、文明と
共に変化して行く事になる。

 現在の近代社会における法は、その殆どがキリス
ト教や仏教などの規律が原点となっており、これに
おける社会規律の核となる物として定めている。
  
 僕的には、現在の日本の法律は、海外から輸入さ
れたもので、世界の先進国の規律を日本風に加工し
ただけ物だとばかり思っていたのですが、その背景
には、西洋宗教と言う文化がありました。

 西洋文化では、「個人の自立」を促しており、誰
でも法において平等とされるのですが、仏教的には、
統一化を図る際に、家系や血筋などを基準にしてお
り、できの悪い子孫であっても家系を継がせる風習
がある。こうした仏教でも社会規範と言う点で家系
的な要素を導くが、僧侶になるに至っては、その本
髄として、家系からの離脱、人間界からの離脱を求
めており、これに言う「自立心」を促す事になる。
 西洋宗教だとその逆で、宗派により異なりますが
個人の自立を支持し社会的な地位を誰しもが平等に
得られる権利を促している。仏教では、家系的な要
素で武家の人間は、できが悪くても武家。となり、
人為的な発展も遅い。

 宗教と規範は、切り離せない物であります。そし
て、法と言う物は、宗教の発展と共に法よりも早く
宗教の普及が行われた後に、学問として各地方での
展開が行われるのでした。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

法と掛けて何と解く? その心は?

天才 法と掛けて、社会と解く。その心は、社会の
   在るところ法あり。

秀才 法と掛けて、家庭と解く。その心は、家は、
   小さな国家であり、国は、大きな家である。

馬鹿 法と聞いて、ヤバイと思う。その心は、罪を
   憎んで、僕を憎まないで下さい、、、(^_^;)

HIRO 法と掛けて、恋人同士の暗黙の規律と解く。
   その心は、、、、ここに在らず、、、爆笑

C= C= C= C= C= C= ┌(;^・ω・^)┘ワッセワッセ!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =