記事一覧

No.0113 国債を買おう!

2001-02-12
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0113
*======================*

課題 国債を買おう!

 アメリカでは、中流家庭における財産の一端に、
国債を買う習慣があるそうです。その国債を子供へ
入学祝などに与えるのも、一部の習慣だそうです。

 こうした現象は、国家に関して期待をすると同時
に、一般市場の株式にも似た物があります。

 株式と言う物は、企業における出資金(企業の
運営協力資金)を受けて、それを基に?を運営して
利益をあげて行きます。それに伴い、投資者へは、
運営から得られた利益に対して「お礼」のような
感じで、投資者とされる人物に利益分配される。

 日本人においては、高級生活と言うよりは、ただ
の高給生活に拘る人が多いせいか、国債や株式にお
ける本当の意味合いを把握しきれていない。ですの
で、高給生活者でも株式に関して参加しない場合も
有る。と言うか、多い。

 アメリカなどでは、義務教育終了後に子供に国債
を祝いとして与える習慣が有ると言う事は、自分の
国に対しての希望や子供達への環境投資にも繋がる
わけでり、投資における責任に付いては、投資者を
行った者が独自判断での責任となる。つまりは、
人に進められて買ったとしても、その購入における
責任は、購入者に有ると言う判断です。

 これを法的な理論で言うと、購入における指導や
指示があっても、その権限が購入当事者にしかない
ので、購入を断念する事もできたはず。つまりは、
人から進められても、買わないと判断できる立場に
いた事実があり、それに付随して購入したとしても
購入指導や指示に対して、自己が了承したと見なさ
される。

 日本にも国債が発行されているが一般的にその国
債を大学などへの入学祝いに渡す家庭などは、聞い
た事も無い。それ程までに、国債と言う物の理解が
足りないのか、国会において信頼が無いのか?

 日本も今では、立派な資本主義国でありそれにお
ける政治の動きもある意味で、株式会社同様です。
ちなみに「税金が出資金である」と言う判断は、過
ちです。出資は、悪までも強制的でなく任意で行う
ものであって、強制的に資金提供させられるのは、
ただの「義務行為」です。

 皆さんもどうでしょうか?
思いきってお金が溜まったら国債を買てみるては?

 皆さんの生活している場所において、公共事業に
おける投資をすると言う事は「自分の将来への希望、
子供達など子孫への希望」を与える事にも繋がり、
これにおいての責任を負う事にもなります。

 社会人としての責任を国債を買うと言う事で補い
本当の意味での社会をあなた自身の眼で確かめてみ
ては、いかがでしょうか?

 基本的な主観は、同じです。
上記の心理を社会倫理的に反する方にも利用でき、
非常に危険でもある構造です。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

 プールに行くと、見たくないのにやたらと振り向
かせる女性人が居るけど、あれって俺に気が有る?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =