記事一覧

No.0115 寿命から得た、新たなる次元

2001-02-16
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0115
*======================*

課題 寿命から得た、新たなる次元

 日本人が「お馬鹿さん」だと思う一つとして、何時
崩壊してもおかしくない場所に、あえて構造物を設置
して、それを誇りに思うのか?

 しかもその構造物を利用している人達は、構造物に
寿命が有る事を把握していないのです。

 日本人の教育の中で、物の存在(寿命)に付いて
触れている物が無く、世界的な学問でも小学校や中
学校に置ける段階で「物の寿命」に対して触れるこ
とが有りません。これにおける分野は、その8割が
宗教等に委ねられています。

 これに置ける結果から、一般人は「寿命における
物の尊さ、生命の尊さ」を把握するのは、現代人に
おていかなり難しい。

 「コンピューター2000年問題」「地球温暖化」、
「大気汚染」「環境ホルモン」「原発事故」に、
細かく言うならば「交通事故」などは、開発の段階
で既に開発者や学者は、その危険性に付いて知って
いますし、それにおける対策を後に考慮しようと、
努力をしていますが、人を製造するのと同様に、結
果的に無責任な状態となっているのが、現状です。

 ちなみに人間が受ける知識で、自分の人生が開け
たりして人生が一転する一般的にも共通な言動があ
って、それの中に「性」「寿命」「人間組織構造」
と言う物があります。

 この上記の3種ですが、大まか過ぎるかもしれま
せんが、物を表現するに至って妥当な表現だと思っ
ています。

 その中でも「寿命」に付いては、人間の場合は、
年を重ねて行けば、行くほどに気になる物です。

 こうした寿命に関する義務教育では、あまり追求
されません。と言うのも、宗教における言動として
「知識を得た者は、尊い者」と言う感性が有る。

 つまりは、宗教における分野にも深く関わり、
宗教論争を引き起こし、暴動にも発展しかねない
可能性も有るので、現状の日本において不利とされ
る分野でもあります。

 「寿命」は、持って与えられた物でもあります
がこれにおいて、自らが保守していこうとする、
「自己延命本能」に芽生える事も有ります。その
延長に有るのが、医学、人体科学だとも言われる。

 僕の推測では、太陽惑星内の物に於いて、その
物が変化しない物が無いと考えています。つまりは、
時と共に物が変化せず、誕生してから同じ状態を
保っている物体が存在しないと、考えている。
 逆に有ったとしたら、それを分析する事によって、
この宇宙起源に関する謎解きの第1歩にもなる!

 寿命に関して危機感を持っている生物がいて、
子孫の生存へと繋がる。それが行えないか、その
機能が発展していない物に於いては、現状の人間が
判断する物としての存在から滅んで行く。とくに、
生命体など一見して、一個体に思われがちですが、
人間など、複合的な生命体と共存して一固体を存在
させている、物もあります。

 日々にその存在が変化し、現実の世界が時と言う
流れに錯覚を抱きつつ、その生涯を終えて行きます。

 危機管理においても関連がありますが、今日の
日本人における「物への寿命」に関して、把握して
いなさすぎる点が気にかかります。

 僕の今までの思考だと「戦争における犠牲者は、
何の為に自らの命を犠牲にして戦ったか?」がその
根底にありましたが、あらゆる事を学んでいくに
つれて、更に遡るべき原点があることに気が付き
ました。

 「存在を保つ」と言う行為が、万物においてどれ
ほど究極な課題であるか? その重要性を紐解いた
物が、宗教学や哲学になります。

 しかしここであえて、宗教の宗派や哲学の学者な
ど過去の人物に拘ることなく、全てを学び共感する
分野や反論的な分野を把握し、明日の自分達の生命
に繋げて頂きたいと、願っています。

 仏教では、密教とされ、哲学では、封印されてい
る「現代社会の異なる時限での視野」をあなたは、
手にいれる事ができるか!?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

物の寿命 と かけて 永久 解く

命はかなき、だからこそ永久に問う。

恋 と かけて 万屋のHIRO と 解く

 万屋のHIROは、ネット上の友達から「ERO」
と呼ばれるているが、ERO=語学的な意味合いで
は、愛を司る存在。しかし、俗語では、ただの助平♪

 物事は、自分にとって都合よく解釈するのが、
人生を楽しむ秘訣でもある。自己満足とも言う。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =