記事一覧

No.0120 覚醒したがる人間

2001-02-26
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0120
*======================*

課題 覚醒したがる人間

 人間と言う生き物は、とかく覚醒したがる生き物
でもあると言えるでしょう。

 僕の考えだと、こうした現象に付いては「自己に
おける自殺願望」が引き起こしている物だと考えて
います。

 デュルケイムの「自殺論」では、一般的に自殺の
多い年代は、男性だと高齢の独身者、もしくは、単
身生活者。女性だと、出産可能次期とされる年代か
ら20代までが、圧倒的に多いそうです。ですが、
海外の調査ですので、文化の違う日本においては、
異なると思ってください。

 ところで何故覚醒したがるのか?どうして自殺願
望が覚醒作用を求めることに繋がるのか?ですが、
化学的には、心理学と身体医学に関連する分野で、
互いの学術的意見だと、あまり共用される意見が無
いのですが、僕の単純な推測だと次の事が言えます。

 日常生活において「ストレス(精神的な負担)」
を感じてしまう場合。精神的な負担とは、本来だと
生物的には、非常に嫌う事でもあってその生命とし
ての自らの命を絶つに迄至る場合もある、非常に深
刻な物でもあります。

 覚醒作用には、「擬似臨死体験」が行え、これに
より死の擬似的な苦しみを行う、この苦しみと戦う
と言う行為を行う。これによって、ストレスを解消
しようと試みる。つまりは、精神的な負担が多すぎ
て日常生活でそれをを消化できない事から擬似的に
臨死を行う事で、思考を新しい物とする行為だと、
思って下さい。

 ちなみに、お酒飲みの全ての人がそうだとか、覚
せい剤常用者が必ずしもそう言う思考だと断言でき
ませんが、心情的にほぼ合っていると思われます。

 イタリアの文化では「その日一日を楽しみ死んだ
様に寝て、新しい朝日を迎える」と言う文化的な、
風習があるそうです。これは、その日一日を楽しん
で、その日を終えたと同時に、人生的にも終えたと
判断し、そして起きた時に新たな現実の世界を受け
入れると言う生活習慣があるのです。イタリヤの男
性は、恋愛的にも情熱的とされていますが、文化風
習から毎日、死と言う事を意識している事を誇りに
思う事から「恋愛=子孫を残す」と言う事で、その
行為も伊達じゃない事が伺える。

 宗教にあらゆる宗教においても「死」と言う事を
一般人的に恐れれる本能がありまして、これを制御
する教えを説い者が賢者として祭られる場合もある。

 基本的にどの文化でも宗教儀式などにおける「臨
死」を「覚醒」によって行う場合が多く、それによ
って「本能的な死への怯え」を克服し、死を恐れな
い戦士や人間を生み出す、教育を行う。ある意味で
いや洗脳なんだけどね、、、。

 お酒を飲めない貴方が、お酒を大量に飲んだ時!
貴方は、自分の心を殺そうとしている証拠ですよ!
薬物乱用においても、同様です。

 心が病んだら、自らの心を理解するためにも精神
的な学習をお勧め致します。図書館は、心病む人を
癒してくれる場所になるかもしれませんねぇ〜。
 そしてそこから、新しく始まる、、自分の世界。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

 自己陶酔、、、
鏡で自分の顔を見て気持ち悪くなるのは、
悪酔いしている証拠なのだろうか、、、ボソ

見れば見るほどに、良い男 o(^▽^)o デヘ♪

こんな奴なんです、万屋のHIROは、、、

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =