記事一覧

No.0121 国営と税金、そして国民のもう一つの責任

2001-02-28
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0121
*======================*
作成 20001-02-01
課題 国営と税金、そして国民のもう一つの責任

 法律を理解できない未成年者に対して法律で裁こう
と言うなれば、一成人であり、公務に職を準ずる物が
国営資金を横領したとなれば、「非国民的犯罪」であ
り、これにおける刑罰は、「国営の信用失体=反政府
活動」に値する物でもある判断し、従来の刑罰規定よ
り更に、無期懲役、無期禁固、金額10億円を超える
事件においては、終身刑に該当する刑罰を適用するに
値するとの起案概要を提出します。

 国家は、国民一人一人が皆で間接的に運営するもの
であって、税金を払っている以上は、その責任を追及
する義務もあります。

 税金は、払うだけで良い物では、ありません。
むしろ払ったからこそ、その税金に関する運用を見守
る義務が付随するのです。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

 税金をここ数年、払っている物の税務申告により
支払った税金が「還付金」として返って来ています。

 一様精勤の支払い義務を果たしていますが、それ
を国が返してくれると言うのならば、喜んで受取る。

 万屋のHIROって奴は、そんな奴なんです、、、。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =