記事一覧

No.0122 国会と国民の権利

2001-03-02
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0122
*======================*
2001-02-01 作成
課題 国会と国民の権利

 国会と言う物が開催され、国務における行政の流
れが決まります。しかし、こうした国民にとって重
要な時間を、無駄にする議員達もいます。

 国会議員における活動は、政府運営の他にも派閥
の繁栄を規しており、これにおいて自ら所属する党
派の「繁栄=所属党員達が有利な経済社会」を手に
い入れる事ができます。

 政治におけるスキャンダルは、その権力において
敵視している人物に対しての「落ち度」を探る物で
あって、その悪行を追求している政党でさえ追求す
れば悪行は、山の数ほど出てくる。

 ちなみに、ここに課題における「悪行」とは、
不法行為であって、「権利主張における個人権利」
と異なるので「民事法」に関しては、問題外として
考えたい。

 民事法は、「民間による個人の主権」を判定する
基準であって、法の中でも最も個人的なものであり、
これによる知識を得ていない物は、それを主張でき
ない。つまりは、これを認識してない殆どの国民に
対してこれを踏まえて課題にするのは、困難なので、
民法における思考を省いて今回の課題を進めたい。

 国会における行政業務は、国務です。これに対し
て「野次を飛ばす」行為は、「国務行政妨害」であ
り、その様子を見て興奮している国民は、その事を
理解しておらず、国会議員達の演技力に見とれて感
情的になっているに過ぎないのです。

 そしてもう一つ、「国会における議員の居眠り」
これは、公務における怠慢であり、国税からの給料
を受けている以上は、国民にその様子をさらす人物
は、「国民への国会不信」現況とされる。現に、政
治をあまり良く知らない、小学生、中学生、高校生
が国会議員へする質問の最大の課題でもある。

 居眠りをするならば、その場を離れれば良いわけ
であって国会の議席は、寝室と異なる。ましてや、
その怠慢振りを国民に曝すわけだから、なおさらだ。

 化学的な分野で「人間の集中力の限界」と言う物
が平均値としてあり、個人差が有る物の通常では、
45分程度とされている。

 現在国会の開催時間は、様々ですが長い時ですと
3時間を越えたりするものも有る。これに対して、
疲労を感じる高齢者が議員の中に多い現状を認めな
い訳には、いかない。しかしこうした現状から、そ
の「人間化学の視野からも効率の悪い国会」への改
善策を取らない議員達にもかなりの責任がある。

 「効率の悪い議会方式の改善」を何故行わないか?
これは、簡単。居眠り、野次、、そして最大の課題
となる「国民へのごまかし」が効かなくなるので、
これにおける改善策は、議員達自ら行う事が無い。

 「国民の義務と責任」と言う物を、一般の人が
どれほど理解しているだろうか?

 法的に拘束され、自由を阻害されてると主張する
少年達、そして社会人となり夢も希望も社会に奪わ
れたと主張する青年達に、それを恐れる少年達は、
しきりに歌を歌い、自らの体験や警告を街頭で発し
ているのです。

 しかし法律規律の本来の意味合いは、社会形成の
必需品であり、これにより社会形態が守られている
事実を公表していない、むしろ義務教育の段階で、
国民に教える事を怠っている国家義務教育体制にも
重大な過失が有る。

 国会における「怠慢」「不法行為」を認識して、
その様な行為を摘発する視野を持つ義務が有る事を
国民は、認識していない。

 公務は、悪までも「行政サービス」一般的に解り
やすく言うなれば、「社会形成におけるサービス業」
の一旦であり「国家公務員の中でも国会議員・地方
議員」達の存在は、国民の代表で有って議員達の発
言は、国民達の意思相応で無ければならない。

 権力を得て、巨額な資金を手にし、社会的な視野
から国民を見下ろしている雰囲気も有る議員活動で
すが将来的には、この様な形式が無くなります。

 自分達が、好きで得た職に過ぎません。それに付
いては、社会的な立場と権利を主張するのであれば、
それ相応の言動を行ってもらうべきです。しかし、
一般的には、「権力者」と言う立場と、それに崇拝
される者と感覚的に受け捉えているのが常であり、
選挙次期の議員候補輔者達の姿勢と、当選した時の
姿勢と異なる現実の態度での表れです。

 しかしそうした現状を監視しする責任があり、
公務による汚職、違法行為をさせない行政にする
事を怠った責任が一般国民に有る事も忘れないで
下さい。

 若い世代からも、学識的な経歴が無くても主張で
きる権利があります。しかし暴力や、発生不活動と
しての主張は、お門違いです。

 社会に、夢や希望を奪われた!?

と感じる人達へ伝えたい事が有ります。
次回への課題へ、、。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

 可愛いミニスカ、厚底ブーツがパンツをチラつか
せながら歩道を歩いていた、、が、目の前で気付か
ずに犬のウンチを踏んでいった、、、。

 彼女は、気付いていない、、、。

さぞ、踏まれたウンチも嬉しかったろうに、、、笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =