記事一覧

No.0134 落語

2001-03-26
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0134
*======================*
作成 2001-03-03
課題 落語

 一昔前に、漫才と言う物が世間の流行となり、
笑いに関する感覚が、だいぶ下落した感じもします
が皆さんは、どう思いますか?

 僕は、落語のCDを図書館で良く借りています。

 落語と言う物は、人から人へ受け継がれる昔話で
ありつつ、当事の風俗を背景に繰り出される人情物
語では、今と変わらぬ人の心が滑稽に楽しめる。

 「人間が笑う」と言う行為は、健康状態において
とても重要だと言うことは、過去の万学でも触れて
おり、これに深い関係のある落語。

 人の心を捉えて、今も変わらぬ人の遊び後心と、
悪戯心を、面白おかしく代弁してくれます。

 落語が専門的に開催される場所で「寄席」と言う
物があり都内で浅草や池袋など4ヶ所あるそうです。

 ちなみに昔ながらのシステムで一度料金を払って
中に入れば、会場の当日最終まで居ても良いのです。
ですから好きなだけ笑っても良いそうです。

 実は、東京都主催でも寄席を行っており3月3日
の日に行って来ました。もちろん東京都主催による
行事と言うことで入場者は、都民であり無料です。
 こうした情報は、市や都で発行している広報等に
書かれているので、一般人必見であります!

 僕も笑いについて、追求しているのですが、、、
どうも最近、ふに落ちない点があります。
 なぜ人を笑わすことができても、自分が笑うこと
のできる話しかできないのか?

 こう見えても人には、良く獣といわれており、
特に女性の方には、一夜を共にしたときななど、、。
 人を笑わそうと思って笑わしている自分が獣だけ
に、人でなしと言われないだけ、良いかなぁ〜と。

、、、万学、本日は、この辺で、、、m(__)m

 あ、おひねりは、振りこみでも良いんですよ、! 

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

 本文の段階で落ちを決めてしまうと、
ここでの話題にかなり苦労すると思うのでしょ?

 ところが全然困ってないんです。

 これぞ「笑いの電動コケ師」流の秘儀、

   本日、都合によりお休み、、、爆笑

(=^m^) ウフフ

 これが紙だったら、読者の皆さんにミリ単位で
切りきざまれて居るだろうなo(^▽^)o 

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =