記事一覧

No.0145 感情と愛

2001-05-04
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0145
*======================*
作成 2001-04-22
課題 感情と愛

 肝臓と、飲み屋の愛ちゃん。これを比較して、
飲み屋の愛ちゃんに会いに行く物欲的な男性が多い
世の中でもありますが、実のところ欲望を満たすつ
もりがお金を払うい気分だけ良くなって帰ってくる。

 今回は、飲み屋の愛ちゃんでなく、ファッション
ヘルツの、、、あ、失礼いたしました。 感情にお
ける「愛」に付いて、以前よりもより深く挿入、、
いや追及をして見ましょう♪  ニヤニヤ

 「感情における愛」は、「相手を求める行為」で
あって、そばに居るのにもかかわらず、更に相手を
求めるその心理とは、いかに!、、爆笑
しかし、そうした環境は、実に羨ましいですなァ〜。

 ちなみに愛と言う感情の中に「憎しみ、妬み」も
含まれると言う事をご存知ですか?「愛=感情」で
あって、思考とは、理論的に頭の中で考えると言う
か、学術的と言うか、、、( ̄ω ̄ ん?
 まぁ〜手っ取り早く言うと「愛=本能に伴う感情」
であると言う事だろうなぁ〜、、きっと、、、笑

 つまり「この人に甘えたい、この人とHしたい、
この人と・・・デヘヘ、この人と・・・ニヤニヤ」
などなど、例をあげれば切がありません。大爆笑

 しかし「愛」とは、「愛=本能に伴う感情」で
あるわけだから(実は、今思ったんだけど、論法と
して、前提、結論と来て次に反転させてしまった
が、どうすれうば良いのやら!汗)つまり、、、
そのぉ〜何ですなァ〜、、(^ω^ ; )ゞ

 感情的な物とされる「愛」は、自分の幸福の為に
あるもので、これにおける感情を満たす事で、人生
としてのいかなる状況においても人生の満足感を得
られるとされている。

 そこで登場する言葉が「物は、考えよう」であっ
て、ならば「愛が満たされる=幸福感を多く味わう」
為には、どうすれば良いか? そうです!考え方を
変えて、理論的に自分を納得させて感情を自ら調節
する行為こそ、幸福への第一歩なのです。と、言う
なれば、どこぞの宗教家でも言っている事でもある
けど、一利あるんだなァ〜これが♪

 こうした行為を「プラス思考」と世間では、言わ
れており、自分の行動に対して「負荷な思考を抱き
続けず、常に新しい発想で!」と言う、人材開発教
育にも使われている思考の一つ。

 「愛=好き」となると、一概にそうとも言えない。
現実社会では、「愛≧好き」と言った方が、正しい。
かなぁ〜、、なぁ〜んてねぇ〜♪
 
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

笑いを追求する、幼児に学ぶ笑いの電動、、、。

 何故、「コチョコチョ♪」とくすぐる真似をした
だけで笑い転げてしまうのか?これって、大人でも
あるよね、、、?

 いざ挿入♪ に対して「出して♪」と耳元でささ
やかれると? ついつい、何もしていないのに出ち
ゃったりする( ̄ω ̄ ん?

 幼児で例えるなら「静かにしなさい!」と言う意
味で「シィ〜、シィ〜!」と静かにしなさいと言う
ジェスチャーを一生懸命するが、何を思ったかしゃ
がみこんで「プルプル」と身を振るわせ、用を足す
幼児。爆

 幼児と言う生き物は、観賞用としては、とても面
白い物であるが、自分のは、未だ居ない。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =