記事一覧

No.0100 成人式

2001-01-16
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0100
*======================*

課題 成人式

 01月08日、全国的に式典として成人式が行われま
した。公共機関による式典や、成人者による独自の
成人式が開催された場所もあり、その様子も様々。

 しかし年々、若者によるの社会道徳の低下に付い
て心配されている中で、成人式の市長などによる祝
辞の妨害をする成人者もおり、式が中断されたり、
市長などに舞台上から激怒されたりと、波乱の場面
も各地で発生していたようです。

 成人式。
僕が思うに、公共的につまらない式典として開催さ
れるぐらいなら、まだ行わない方がましと思う若者
も多い事は、事実です。
 若者が望むような式典であれば、これまた成人者
も喜んで参加するはずです。 

 若者が望む式典として行政が関与するか、それと
もつまらない式典として開催を続行するのであれば、
成人式を公共側で無駄な経費を使って、開催しない
で欲しいと思うばかりです。

 市や町の環境により、少年少女達の人柄も変わっ
てきます。日頃の子供に対する環境や心情を把握し
ている公共事業体では、成人式も成功している様で
すが、それを怠っている地方自治体に付いては、
かなりの痛手を受けている様です。

 近年の少年少女の身体的な発育は、過去に比べて
かなり早く、また美しくなっています。これに対し、
行政側の形式は、保守的な古い文化の応用の無い教
育であって、現代社会環境においては、不要な指導
方法でもあるような部分もあります。

 小学生における「道徳」という授業も無い所が、
殆どであり、こうした義務教育で社会道徳の教育を
怠っている状態から、少年達を一方的に法律で縛り
付ける「行政権利無能思考」は、少年層と社会人の
層との隔たりをよ厚くしている。

 何度も言う様ですが、使えない行政役員は、辞任
してもらうべきです。変わりは、幾らだって居るの
ですから、、、笑

 市長にしろ、行政権利者にしろ、自分の子供すら
まともに教育できない人間が、他人の子供に対して
もっともらしく親心を語るなんて事ができるので
しょうか?

 若者たちが求める明日。
しかし求めるばかりが若者の権利では、ありません。
若者から、若者を受け入れる立場へと変わる将来の
自分が、そこに居るのです。

 成人者の皆さん、貴方に子供ができて成人式を迎
える頃、その子に何をしてあげられますか?

 良く親の大きなお世話で、子供が望んでいない環
境を与えておきながら、子供の望んでいる環境を、
与えない家庭環境においては、その殆どが夫婦生活
を含めて、家庭として成り立っていない場合が多い
ようです。

 子供たちは、与えられた生活環境でしか生活して
行けませんし、自分で一生懸命環境を作っても、そ
れを壊すかの如く親たちが、潰しにかかる。

 子供にだって、選ぶ権利がある。
人生、そして良き人生の師を、、。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

 成人式に参加した子供たちの思考の方が、
運営している行政思考よりも、自立的で近代社会
的な思考であるような、地域もあったようです。

 市長が、新成人者へ激怒したと聞いたとき、
それは、日頃の行政での行いが悪いからであって
18歳で風俗業に付いた市民に対して愛想を振り撒く
公務員達に、祝ってもらいたいと思うものだろうか?

 愛想を振り撒いた女の彼氏達が、野次を飛ばして
るんじゃないのかなぁ〜♪ 野次を飛ばすほどに、
その人の裏事情を把握していると言う事でしょ?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =