記事一覧

No.0268 「人間の成長」

2000-12-26
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0268(番号の調整)
*======================*

課題 「人間の成長」

 人間の成長と聞くと、思い出すの保健体育の「第
二次成長」における勉強でしょう、、、笑

 人間の成長は、何も生まれてから始まるので無く、
お母さんのお腹に居る段階でも行われています。

 人間の場合、通常ですと母親の体内において受精
後に細胞分裂が始まります。今日では、体外受精な
ど科学的に、受精させる場合もあります。

 受精し細胞分裂をはじめると、人体形成における
歴史を見る事ができると言われています。

 細胞分裂後、形成されるのが脊椎、心臓、血管、
脳、目などで、その課程において体が形成されて行
くのですが、その状態において初めから人間の形を
している訳でありません。

 胎児における画像に付いては、インターネット等
で調べてみると写真などが公開されているので、よ
り良く解ると思うので参照して見て下さい。

 実は、人間の祖先がどの様な動物の遺伝子を引き
継いでいるのかが、科学的にも宗教的にも大きな課
題となっています。今日置いては、「キネズミ」か
ら人間まで進化したと言う学説があります。

 母親の体内では、まるで獣のような身体から徐々
に人間の形へと変化して行きます。人間の赤ちゃん
として誕生するまでに、母親の体内で人間のしての
進化の歴史をたどって来るのです。

 やがて赤ちゃんは、誕生する事で人間の子供とし
て扱われるのです。逆に、母親の体内に居る内は、
胎児として扱われ、社会倫理上としては、基本的な
人権を持ち合わせていない存在となります。つまり
「中絶」が「殺人」に該当しない、との法規的な社
会倫理の解釈があるのです。

 誕生しても、幼児となりまだ一人前の人間として
は、認められるわけでありません。母親などの協力
を経て日々一時と成長をして行くのです。

 成人としての認識として第二次成長を迎えてから
と言うのが昔からの慣わしで、それを元に科学的な
根拠と社会的な倫理を加えて成人としての法規が、
定まっています。 

 日本の文化では、女性が初潮を迎えると近所に、
「赤飯を配る風習」がある地方があったりする。

 男性においては、精通が在ったからと言って、
これを祝うと言う風習は、今のところ聞いた事が
ない、、、笑

 さて第二次成長の後、成長が有るのかが科学的に
問われています。つまり人体として完成とされない
分野において、成長するのかと言う点です。

 科学的には、成長と言うよりも第二次性長期を迎
えた後は、「環境適応能力と身体変化」と言う見方
をしており、成長としては、第二次成長を迎えてか
人体として大きな成長を迎える事が無いとされてる。

 今、貴方の体は、成長していますか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

HIROちゃん31歳
第3次成長を期待して日々生きてる、、、笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =