記事一覧

No.0272 人間と惑星

2000-12-12
*======================*
   万<よろずがく>学 No.0272(番号の調整)
*======================*

課題 人間と惑星

 過去の課題の中に「人間は、他の惑星で死ぬ事に
より、その人体成分がその惑星の土となり、そこに
いずれ新たなる生物を生む」と、結論を出した取材
結果があります。

 さて前回「濡れ落ち葉は、人に対して例える言葉
で無い」と、一発ギャグで表しましたが、、、。

 僕の理論を用いるならば、人間も他の惑星で死に
その惑星の土にかえる事で、濡れ落ち葉同様に生物
における循環を果たす事になる事が、可能だ。

 人間の体の成分には、植物が発育するために必要
な栄養素などが多く含まれている。しかし、それが
少数では、意味が無い。そこで、人間が他の惑星で
生態系を営むことで、その惑星が地球の如く神秘に
満ちた、色鮮やかな惑星と変化する事が期待される。

 そかしそうなる為には、多くの時間と能力を必要
とし、人間の新たなる知恵も必要となる。

 こうした発想は、平和での思想であり、戦いにお
ける発想とは、異なる。戦いにおける未来において
は、生物として生き残る事が課題となるが、これを
いかに自分以外の人間に、生命維持の理念を打ち砕
き、自分の為への貢献する生物と洗脳するかを問う
宗教団体などや政治団体が存在する世の中ですと、
一般的には、生き残る、一定の生活基準を満たす、
金銭に囚われない、知的な発想を多く持つ事が満た
されないと新たなる未来への空想など、閃くはずも
無い。

 貴方の人生のいて、未来へのSFを抱くことができ
ますか?それは、まるでおとぎ話の如く神秘に満ち
た、科学への扉。

 人は、誰しもが科学者であり研究員である!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

ジキル博士による現代日本政治経済論を一言、、

 それに付いて、ハイドと言う男が語ってくれます。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =