記事一覧

No.080 産業

2000-11-16
*======================*
   万<よろずがく>学 No.080
*======================*

課題 産業

 経済社会において産業と言う物は、社会の営みで
あり、集団的な経済活動でもあると言える。

 さて産業において製造と言う課程がありますが、
どうして工業産業における「公害物質の生産」を
国は、許すのか?

 厚生省などの言い分では、人体に悪影響のない
程度なら、排出を許されるとしているが、、、?

 この意見は、国側が人間と言う生き物に対して
傲慢な伝統を経て未だかつて、生物としての人間
を診ることができない、哀れな思考の元に考え出
された意見だと、断言する。

 確かに歴史上で言うならば、天皇国家において
皇族は、人間でなく「神の子孫」としての歴史的
文学が存在するが、これは、皇族だけの話し、!
それに使えている一般人が、政治的権力を持って
どれだけ浮ついた考えで、社会と言う物を作り出
したか一目瞭然である。

 人間は、生物でもあり動物でもある。人間は、
その傲慢な生物的な権力を元に、他生物の存在
を一般人は、無視している。

 生物としての物の循環を考えると、生物が食し
た糞を循環し生命の食物連鎖が形成される。それ
は、生物が生きて行く上で、必然的な現象です。

 ところが人間は、家電・自動車・雑具などを
日進月歩で開発され販売されるが、消費後にそ
の代物が、一体どう循環されるのか?

 肉食の獣でさえ必要以上には、獲物を取らな
い。そうした生物、他動物の肉を食らわなければ、
ならない自分の生き方に疑問に思うこともあるだ
ろうが、生きる伝としては、他に伝がない、、。

 人間が産業として開発された製品のうち娯楽物
として世の中に製品誕生した物の、その役目を終
えて自然に戻される時、その製品が自然循環され
ずに、ゴミとして存在する。

 日本国政府は、自ら国営の利益=自分達の給料
だけを考えているらしく、自らの要望の許される
限り、「科学の名の下」で「人体に影響がない」
と断言して、企業に公害物質の生産を許可する。

 産業において一般消費者は、生産された製品に
かかる経費と公害物質生産に対して、製品価格と
して代金を払っている事になるのですが、お気づ
きですよね?

 つまり私達一般の消費者は、製品を購入してい
るだけでなく「公害物質の生産」と消費された後
のゴミに対しても、代金を払っている事になる。

 とこでこうした経済現象に対して、企業のトッ
プは、どう考えていると思いますか?
「なら買わなきゃ良いだろ!買うお前にも責任が
ある」との思いで生産しているわけです。

 私達は、産業において公害物質の生産を許し
た覚えもなく、産業側は、一般消費者にそれを
ひ_隠して、産業を続け今日に至っている。

 生産者は、はじめから気づいていました、、
多くの科学者が否定する中で、経済権力の無い
彼らの忠告を威圧して、一般民間人を騙してきた
のですが、ご理解頂けますか?

 地球温暖化は、自動車が一般化されるとの、
経済的予測がされた時、多くの科学者がこれに
対し、「地球温暖化現象が発生する」と忠告し
ているのです。

 産業における公害、人体に影響が無い、、、。

貴方の体は、多くの生物が形成している体だと
言う事を忘れていませんか?

 映画の台詞でもありました。細菌の世界でも、
感染した母体を滅ぼし自らの環境を劣化させる
生物、、それは、まるでウイルスの如く、、。

 皆さんも、地球上の生物として公害零生産を
ご支援下さい。そしてまた、ご協力下さい。  

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

日本企業に告ぐ、、
公害生産の事実を公開すれば、お主達も後悔する
事になるのだぞ、、、☆

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =