記事一覧

No.075 「犯罪行為における、宝籖型リスク公式」

2000-10-14
*======================*
   万<よろずがく>学 No.075
*======================*
一般人の万学

課題 「犯罪行為における、宝籖型リスク公式」

犯罪行為における検挙率は、宝クジよりも摘発され
る確率が低く(発生数:検挙数)いので、検挙され
た人にとって「運が悪い」と呟くだけで、終わって
しまうのです。

 こうした現象を「犯罪行為における宝籖型リスク」
と命名したい。

 この公式は、犯罪発生率とそれにおける検挙率で
表され「犯罪発生率÷検挙数=犯罪リスク」となる。

 つまりこれを返して言うならば、犯罪発生が多く、
これに対する検挙数が少なければ少ないほど、犯罪
者にとって、犯罪行為におけるリスクが低くなる。

 前回に例題としてあげた「交通違反者」に付いて
も、ズバリこの公式が当てはまります。

 この他にも、多発している軽犯罪などもあげられ、
「強制猥褻・強姦・恐喝・暴力・不法投棄」などが
例としてあげられます。

 この「犯罪発生率÷検挙数=犯罪リスク」にて犯
罪情報の集計を出し犯罪リスクの低いものを重点的
に規制する事が必要だと考えられます。

 しかし「こうした行為を摘発する」のが目的でな
く民間れべるで、各地元の自治体により積極的に、
「実生活における軽犯罪と私」と言う課題で議論を
して欲しい。

 こうしたきっかけを作る為にも、犯罪情報を一般
的に情報を提供してもらい、警察としての業務負担
の軽減と、犯罪に関する国民の関心、犯罪発生率の
低減化を目的として、取り組んでもらいたい。

 私の個人的な意見としては、犯罪をするなと言う
よりも「犯罪行為の心理」を個人レベルで理解して
もらい、犯罪と言う行為に対して学習を必要とする
点を主張したい!

 とくに中学生には、義務教育に「法律」と言う学
科を導入する必要があり、これによって違法行為の
意味合いを理解してもらい、犯罪行為を学習的、内
面的に規制する事を目的としています。

 皆さんは、どう思いますか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

姦通罪

この法律は、どうして無くなったのか、、、?

しかし結論としてσ(^屮^) 涙A犯罪者で無い。
しかし現行で、この法律があったなら、、。

「犯罪行為における、宝籖型リスク公式」を

□_ヾ( ̄ω ̄;)!!カタカタ 計算して、、

実行する、、、かな?

あ、それでも犯罪者か、、、\(__ ) 保嘗

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =