記事一覧

No.062 売春の歴史と風習

2000-09-10
*======================*
   万<よろずがく>学 No.062
*======================*
一般人の万学

課題 売春の歴史と風習

援助交際も分類的に含まれるのですが、それ以前よ
りの「売春」と言う行為について、考えましょう。

売春の歴史は、人類の歴史と平行しているそうです。
と言うのも、売春と言う行為は、「男性が女性に対
して金品を渡し、性的行為を満たす」だけの事でな
く、その反対も多く存在していた事にあります。

女性が男性に対して金品を払う売春においては、な
ぜ世間的に公(おおやけ)にならないかというと、
現状のところ、夫の社会的地位を守るためと、自分
自身の世間的な貞操に傷を付けない為だとされてい
ます。夫の名誉を傷つけることになれば、自分の生
活も危うくなる事をちゃんと熟知しているからこそ
遊べるわけです。

日本国では、戦後まで売春が合法であった事があり
ますが、ご存知ですか? 今回は、これに触れず、
世界的な規模で見てみましょう。

宗教的な風習より「女性は、生涯に於いて売春を一
度は、行なわなければならない」という風習がある
地域があり、婚前・婚後を問わず、生涯において、
規定の場所にて、売春の相手として身売りする事を
強要されていたそうです。

その様子は、講堂のように広い場所で、身売りする
女性が集まり、男性が目当ての女性と直接金銭的な
交渉をして売春を行なう風習だそうです。

ところが、これこ自体にもに逸話があって、いつま
でたっても売春の行なえない女性も居たそうです。
また、年齢に関しても制限がないとの事で、お婆さ
んほどの年齢の人も居たとの説もあるそうです。

売春の原点は、異性に対する財力表現とされており
これによって、相手を「衣食住」の不安から共に居
る事で開放される精神的な意味合いを持っており、
これにおいては、動物界において共通の求愛表現!

食事をする際に「異性が食べ始めるのを待つ」もし
くは、「自分の好物や相手の好物を自分の分から相
手に分け与える」行為は、求愛の印で原始的かつ本
能的な心情行為だそうです。その代金をどちらが持
つかは、別枠でそれに付属する物だそうです。

この他にも、「住む場所」「衣類などのオシャレ」
など貢ぐ行為は、相手への「安定した生活」を表現
しており、これによって結婚や付き合った時、余分
な気苦労を与えずに、交際ができる事を表現してる。

こうした行為は、男性が女性に行なう事だけじゃな
い事を強く言っておきます。現に、国内だと社会的
な貞操に傷が付くとして、バリなどの海外にて、そ
うした行為を行なう女性が、少なくありません。

売春=もともとは、「財力表現」であり、この他に
も「貢ぐ」「囲う」と言う行為があると言える。
つまり、「一時の快楽を買う」と言うよりは、異性
への「性行動求愛表現」が基になってる行為である
事から、人類史古来からある商売となっています。

売春は、「男女の心理的な縺(もつ)れによる事件」
や「性病の蔓延化」などを引き起こしやすい点から、
法律などで規制する必要がありました。

刑法でこれを定めていますが、売春自体が罰則に値
すると表現していませんので、興味のある人は、図
書館等で刑法「第22章 猥褻、姦淫、及び重婚の罪」
の章をを参照して下さい。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

一目ボレの相手が実は、軟派だったら?

純愛な人は、純真な分その人を嫌いになる。
楽天家な人は、楽天家の度合いだけ「甘い夜を1日で
多く過ごしたい」と、思うそうですが、、、。
貴方は、どう思う?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =