記事一覧

No.040 臓器移植

2000-07-20
*======================*
   万<よろずがく>学 No.040
*======================*
一般人の万学
課題 臓器移植

近年医学の発達において、臓器を移植する技術が発
達し、脳死状態の人間から臓器を移植し健康体を維
持する事が可能になりました。

 と言う話は、日本国内の世間的な話であって、実
際のところ世界的規模で見るならば、第三先進国よ
り、臓器の進呈があり諸外国の医学チームがこれを
基に密かに手術を行なっている事実があるそうです。

 中東における医学の分野では、性転換などを含む
外科医学上の面において規制されていないらしく、
日本でも多くの人が性転換にあしを運ぶほどになっ
っており、その裏側で人体臓器の闇取引も行なわれ
ているとの噂もあります。

 臓器売買の主体が金銭苦によるもので、腎臓や角
膜などを主体として取引されているそうです。そし
てこの闇取引の主体となるものは、心臓・肝臓・肺
等における分野だそうです。

 臓器移植に関しては、本来健康な身体より移植さ
れる臓器の方が、より新鮮で良いとの事ですが、
現状の日本国国家の法治では、「交通事故などにお
ける突然死で、生前に臓器提供の意思がある者」
とされておりますが、交通死亡事故の多発国日本で
は、その気になれば新鮮な臓器をいつでも手に入れ
る状態が調っており、交通事故死による無駄死に対
してリサイクル体制を取っている。

 こう言うとかなり反感を買いそうだけど、その半
面で交通における事故の戒めとなっているようで、
近年では、交通事故の死亡率が低下している事実も
有るので、なんとも言えない。

 さて臓器移植における最大の問題。臓器の入手方
法なのだけども、どうして規制が必要なのか?

 皆さんもお分かりのように、「故意に臓器移植を
目的に殺人を行なわないため」だと言うことは、ご
理解頂けると思います。これ以外にも、臓器の密輸
入、闇取引などの行為を事前に防ぐと言う目的もあ
ります。

 遺伝子操作の進歩も発展し現在では、家畜などを
利用し、人間の臓器を開発して行く研究が行なわれ
ていますので、臓器売買における問題は、そう長く
は、続かないようです。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

臓器移植の話をしておきながら

モツの煮込み、、、桑o(>ωω<)o 桑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =