記事一覧

No.011 生命と進化、そして性を探れ、、、

2000-05-27
*=====================*
   万<よろずがく>学 No.011
*=====================*
一般人の万学
課題 生命と進化、そして性を探れ、、、

現代世界において、生物が種的に共存する現実。
しかしその生命は、進化を遂げることができない
種に関しては、変化する環境に対応しきれず、
滅亡してしてしまう。

同種の生命体が、自らの種族を繁栄させるために
進化を遂げたとき、はたして永遠と続く種の保存
が何を意味しているのだろうか?

「人類」
人類の進化は、「種の保存」や「発育」の段階で
進化を遂げています。つまり、種族を保存する為
に進化を遂げていると考えら、「発育」の段階で、
生きて行くための環境への変かをするのです。

常に変かしている環境に対応して生きて行ける
(生存する)為の身体を製造し、進化しきれない
体質を頭脳(知識能力)で補う行為。「種の保存」
の原型として、その母体が「自らの生命を守る」
と言う行為、思考が無ければ、生命の進化は、交
配でのみ行なわれることになります。逆に、母体
が長寿を行なうことで種が増えすぎてしまうこと
も考えられるのです。

「交配」
交配を行なうことが「種の保存」としてもっとも
進化の道を早める行為なのです。生物は、交配を
行なうことで自らの身体から現環境における面で
不足している部分を遺伝子の段階で再構成を行な
い、進化を遂げる。この行為は、あらゆる生命体
の行なわれている本能的な「種の保存行為」です。

♂・♀ は、「交配に相手選びを行なう」のと、
「不特定な交配を行なう」ものがあります。

日本の神話でも有る「古事記」や西洋神話、エジ
プトの壁画などには、「獣姦」を意識した記録が
残されており、人間が人間以外とも生殖行為を行
なったとされています。

「生命」
生き物にとって「生命」とは、寿命を表していま
すが、この寿命には、不特定な制限があります。
つまり生命体は、1生命体が、誕生から永遠に存在
する事ができません。その為、自分の遺伝子を残す
ためには、一度でも交配を成功させておく必要が
有るのです。有る意味で、交配を促すために、寿命
が有るような気もします。

「快楽と性交」
人間の性交において、覚醒作用があるのは、経験者
であれば、ご存知でしょう。この覚醒力は、麻薬な
どの数十倍だとも言われており、ある意味で非常に
大切なものと結びついているのだそうです。

僕の独断的な推測だと、性行為における快感とは、
もともと、「苦痛を和らげる」為にある脳内物質が、
過剰作用しているものだと考えています。医学的に、
性的な刺激を性器に与えることで、射精・快楽へと、
結びつくとされます。

ところで、性的な感情が無い時に、性感帯に触れら
れるとどのような感じになりますか?そのような時、
非常に険悪感を持ったり、無意識な反射運動が見ら
れますが、どうしてでしょうか?

性器や性感帯には、もともと感覚神経が「敏感」な
部分が主となっていて、特に陰核などは、男女とも
最も敏感なところだと、推測されます。

さて、「神経感覚が敏感」と言うことは、「感覚」
も敏感になっているわけです。そう言う部分には、
多種の神経が集まり、有る意味で致命的な部分であ
るとも言えます。

そのような身体的に重要な部分を自分以外のものに
触れさせるという行為は、「相手を信頼している」
と言う行為でもありながら、脳裏では、恐怖感も感
じており、そのような恐怖感を覚醒する為に、覚醒
物質が分泌され、性感帯を刺激されるごとに、自ら
覚醒を行なう。つまり、性行為による覚醒作用は、
反射的に行なう行為でも有るわけです。

こうした反射的な覚醒から、SMなども同等とされ、
苦痛や、身体的な「苦痛・恐怖」を覚醒する作用が、
あらゆる面を追及され、覚醒の娯楽を味わうことに
なるそうです。

ところで、こうした覚醒を精神的に得ようと日夜努
力されているのが、宗教的な覚醒作用で、もともと
教祖の覚醒作用によって、信者が連鎖的に覚醒でき
る事が利点とされ、この術を実につける為の学習が
追求され、これと別に自らの「苦痛・苦心」から逃
れる為に、修行をする人がいますが、学習的には、
同じ作用を求めていることになるようです。

カリスマと言う本来の意味は、教祖であって、教祖
から得られる、覚醒作用を求めて信者が増えて行く。
でも、現在のマスコミ用語では、本来の意味合いを
過剰に用いているので、要注意です。

「結論」
交配行為が、永遠に繰り返されることが、本能的な
根源であり、これを基に得られる感情が「愛」なの
かも知れない、、、、。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =