記事一覧

No.010 「重力=抱擁力?」

2000-05-26
*=====================*
   万<よろずがく>学 No.010
*=====================*
一般人の万学
課題 「重力=抱擁力?」

地球上には、引力と言うものが存在します。
つまり、ニュートンの万有引力というのは、
どんな重さのものでも、等加速度的に地球の重力
によって落下して行く現象をあらわしているのだ
が、落下と言うよりは、地球の重力により地球の
中心点に吸い寄せられていると言える現象です。

しかし、不思議なのが、通常だと遠心力により外
側へ物体は、追いやられるが、地球の自転よりも、
引力が強いらしく、地上の物体は、自らの意思で
は、大気圏の外へ出ることが、生命単体ではでき
無い。

バケツに水を入れて、思いっきり振りまわすと、
振りまわした円の外側へ重力が働き、その遠心力
にとも無い重量も加わるのですが、地球が自転し
ているとなると、本来地球上の物質は、宇宙へ飛
び散ってしまうのでは、ないでしょうか?

惑星の引力と言うものは、互いに引き合い科学的
な法則に基づきバラランすがとれ、今日の太陽系
が存在するのです。しかし、現代でも宇宙空間を
漂う隕石などを取りこみ、惑星の新たなる物質と
して惑星自身が取りこんでいる。

地球は、「水の惑星」とも呼ばれていて生命の根
源である「水」は、水生のようなものが地球に近
づき、地球の引力によって「水分」が引き込まれ
たことが、学説的に始まりとされています。

つまり、この地球上における物質の殆どの物が、
もともと宇宙空間に漂う物質であって、それが地
球の引力により取りこまれることで、地球上の物
質となったわけです。

ところで、なぜ「引力=抱擁力」なのか?

「引力」は、物質を引き寄せる力でもあり、取り
こんだ物質を手ばなさいない力でもあるのです。
例えるなら、好きになった人を自分のものとして、
引き寄せたい、引き寄せたら放したくないと言う
単純明快な「人間の恋愛作用」とかなり似ている
ような気がします。

あらゆる物質を自ら取りこみ、そして地球上に生
命体を宿す科学的な現象は、まるで恋愛の如くと
表現しても過言では、ないのでしょうか?

人間は、そうしたなかで生命の固体として独立し
た意思を持ち、その「知性と好奇心」が宇宙空間
へ広がりつつあります。

地球の引力に逆らい、宇宙へと飛びだす人間。
地球は、地球上の生命に愛と言うなの感情で、育
てはぐんできたわけで、まるで子供を育てる親の
如く地球上の生命体には、愛情が注がれている。
親子とから離れるときの親の心境をご存知でしょ
うか?反抗期から始まり、やがて巣立って行く現
象は、「人間が宇宙へ旅立つとき地球の思い」と
なんら変わらないのでは、ないでしょうか?

少しだけ地球と言うものを意識して自然に甘えて
見ませんか?今まで気づかなかったこの自然の存
在にきっと喜びを感じるはず、、、、。
そして、親の如く労わるべき存在だと言うことも。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師 ☆

ファーストキスのとき、唇がっ触れ合う寸前に、
目を開けてて見たら、相手の鼻毛が出ていた、、
と、言うのは、良くありがちで、、、

「だからキスの時に目をつぶるのか、、、、」と、
妙な確信を持ったりする、、、のは、僕だけ?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =