記事一覧

本人訴訟に付いての戦略

 複雑な案件は、分割提起を行い(小課題化
する事によって、それの内容を明細化する:
Down Sizing)、実際の提起だと併合処理を
請求するので、「(一)事件への対処品質を
失わずに、むしろ品質を高めつつ簡略化され、
(ニ)負担の軽減、(三)公共の機関側でも
(裁判所側の)対処効率を高められる」事も
目論める。

 その関係から、事件を後に分割する可能性
(増やす可能性)もあり、実際に「裁判所を
利用する」と言う観点で、『併合を請求する』
ので、それが叶えば併合(他事件と一括して
審議)された分だけ裁判所に行く回数も減り、
負担が軽減される事が見込まれる。

 でも訴状件数が増える分だけ、書類作成の
手間も増えるが、「事件の内容を明確にして、
それの理解を得る為に必要とされる」のかと
判断する。つまり、それが現状の私における
Critical Passni(クリティカル パス)の
限界である。

  • 語句
  •  ・Down Sizing - Wikipedia
      ・規模を小さくしつつ、目的の精度を高める。
      ・[例] Macroeconomics(マクロ経済) → Microeconomics(ミクロ経済)
     ・Critical Path(クリティカル パス) - Wikipedia
      ・最短で最も効率的な道筋。