記事一覧

高学歴で、社会的地位の高い女性

学歴の高い女性は、幸せに成れないのか

 実は、近年だと高学歴な女性で、社会的地位も高いのに、自殺をしてしまう人が、女性が少なくないらしい。

 それは、戦前、戦後でも、生じていたらしいが、理由が異なる。

 多くが、『(一)恋愛、(ニ)思想』と『(三)世間との共存性における欠如』に成っているらしい。

 逆に、『男性同士の気質的な争い』には、弱いのかと想われる節があり、その中にて女性が地位を獲得するには、まさに決闘で打ち勝ち続ける必要もあるが、女性の場合だと平和的に考える傾向が多いのかとも想われ、それによる損失が大きいのかとも想える。

 なので、男勝りな女性が社会的な地位を獲得を行い易く成った近年だと、徐々に変わりつつあり、自衛隊、司法の機関、医者など、あらゆる分野で、女と男の平等性が保護をされている。

 でも不十分な関係から、精神的な負担を受けたりする事も多いらしく、「女性は、こう有るべきである(Gender:ジェンダー)」と言う思想
も有り、そこからの開放も求められている。

 特に、本邦だと昔から女性が弱い立場にあるように想えるが、「社会的地位の高い男性の背景には、賢い妻(愛人)が居る」とも言われている。

 そうした状況下で「仕事も優秀、社会的地位も高く、世間が自分を認めても自分が自分を認めきれない部分があり、その観点から、世間からの己が消滅しても好い」と思い込んでしまう場合もあって、自己的暗示型の『うつ病』に成る可能性も有るのかと判断する。

 よって、独身女性の基本(ちなみに男性でも同じ)は、楽しい生活を続ける事で、持病(難病)では、『諦め』の観点で割り切る事が必要で、利益的な部分を増やす可能の追求を行い、危険性の有る部分を制御する事が重要だと判断する。

 っと、こんな等で、ここ数日を真剣に考えてみた。

国家的規模の政策

 ちなみに本案件では、既に(数年前に)自殺の対策に付いて、行政に対する鑑査の活動から要請を行っており、現在だと法律(自殺対策基本法:電子政府・法令検索)も施行されているので、それ以上の対処を検討しない。