記事一覧

No.461 高齢者福祉と成年後見人に付いて

配信 平成25年04月01日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.461
作成 平成24年12月04日
課題 高齢者福祉と成年後見人に付いて
配布 平成24年12月04日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 近年における高齢者の福祉に付いては、
色々な問題があり、公的な福祉分野でも
大きな負担と成っている。

 よって、それらを軽減する必要が有り、
相応の対策を検討されたい。

=== 対策 ===
(一)成年後見制度の利用と呼びかけ
 その制度自体、全てを私が把握してわ
ないのだが、その制度を使うことにより、
公務上での判断を、軽減できるのかとも
想われる。

 その為には、それを必要とする人と、
それに参加する人とを結びつける必要も
あるのかと想われる。

 よって、御見合い的に、成年後見人を
必要とされるような人と、それに応じる
人とを結びつける機会を造られたい。

(ニ)弁護士の起用
 また、その制度においては、仲介にと
弁護士を起用する方が善いのかと想われ、
相応な体制を整える必要が有る。

 さらに、近年における公務状況では、
何かと法規が必要とされるのだが、その
知識を公務員が得る職場環境としても、
限界にと至っており、公務 Service が
劣化する一方(Compliance月間の効果は、
ほぼ無い)の状態にある。

 それらを補う為に、法的な専門知識を
有するとされる弁護士を、職場内に常駐
させ、「市民、現場の職員からの法的な
観点での質問に答える体制」が必要かと
想われる。

 よって立川市は、(福祉分野の)職場
内に、弁護士を設置して市民、職員から
法的な観点での相談を受け、公務員側の
公務 Service の向上をと図られたい。

 尚、一般の公務に付いては、何だかの
『 要綱 』など、業務規約あることが
殆どであるので、それに従っていれば、
基本的に弁護士に相談をするような事は、
無いのかと想われ、それと別枠で福祉課
などにて、高齢者の単身で後見人が無い
場合や、Homelessの保護、建築分野など
法規を必要としつつも、柔軟的な対応を
迫られた場合での対処として、弁護士に
相談をする体制で、その内容に付いては、
「参考程度の内容と留める(弁護士は、
現場の公務員と異なる立場にとあって、
英語で言う Observer としての地位で、
実務的責任は、公務員側に有る)」のが
基本と判断でき、相応の業務体制作りを
検討されたい。

== 結語 ==
 嘗て、弁護士業の発展の為と、世間の
倫理性を向上させるため、そして地方の
自治に配置される弁護士数を確保すると
言う為(01地域の根絶:弁護士などの
司法人員が、零または、一人との地域を
なくす為)にと、国会側に「各市町村に
おいては、『倫理性の向上(SR:Social
Responsibility)』から、法律専門家に
(司法書士、行政書士、税理士を含む)
よる、無料相談の窓口を設置して、自治
性における経済性を高められたい」と、
国民の一人として要望を行っている。
(ちなみに司法試験制度、法科大学院の
設置、『裁判所の制度:裁判員制度』の
原案も行っている)

 そもそも公務員は、憲法を前提にした
公務義務が課せられており、「弁護士や
司法の学部の卒業程度の、知識が無い」
とも言えず、相応の公務員試験を経て、
着務しているのかと、一般的に想われる。

 しかし実際の公務状況では、公務員が
目前の作業を処理する事だけで、それの
志(公務員の意義:宣誓書の内容)すら
健忘している状態にある程で、それらを
踏まえて、「そうした職場状況を、改善、
擁護する必要が有り、職員の自発的啓蒙
などの見込みも無い現状では、別枠にて
それを補う専門知識を持った人材により、
保護をする必要も有り、それと一連帯で
形成をされる公務の環境を作ることは、
経済性の観点からも有益(公務の性質が
向上すれば、市民の性質も向上する)で
あると解るのだから、相応な検討をされ
たい。

 よって立川市は、「公務上での環境に
職員としては、既に(一)宣誓書の内容、
要綱など、業務規律の存在すら健忘して
いる状態にあり、(ニ)更にCompliance
(コンプライアンス)月間と言う名目で、
庁舎内の活動があっても、それの効果が
無いと判断でき(職員数名に「宣誓書の
内容を把握しているか?、憲法の前文を
把握しているか?」確認しており、その
対象者に、Compliance担当の職員までも
含まれ、全員が健忘していたとの結果)、
(三)それらに基づき、公務員努力での
限界を、国民の一人として認める必要も
あって、(四)それを補う対策としては、
弁護士など法規専門職の人材を設置して、
補う必要が有る」と判断する所であり、
それらの検討を市役所にされたい。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、高齢者福祉と成年後見人に付いて

天使 一般の市民による協力が必要だ!

悪魔 それって、今更に言う事でも無いよね?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =