記事一覧

No.466 重要内容の広報手段に付いて

配信 平成25年04月06日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.466
作成 平成24年12月20日
課題 重要内容の広報手段に付いて
配布 平成24年12月20日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 立川市は、近年において広報紙の内容が
とても充実している。

 その内容には、『重要性のある情報も、
含まれる』が、紙面の為に処分をされ易い。

 そこで重要とされる部分に付いてを保存
版形式にて配布されたい。

=== 例 ===
・ごみ収集日と、重要事項の併記

 立川市では、ごみの収集に付いて長年に
変動が無く、日にち単位でなく曜日単位に
成っており、『唯一に年末年始での調整が
ある』程度で、毎年の変動が無い。

 つまり、暦形式で全日を表示する理由が
無いのであって、且つ重要な『捨て方』の
方法に付いては、簡易的な記載しかない。

 次いで、例えば平成24年12月10日付広報
8頁、最下段枠にある『くらしの相談日程』
だが、その内容に付いては、市民が必要と
される時に、直ぐにと利用が行えるような
工夫も必要である。

 そもそも、共に年度末に広告するような
内容でもなく、本来だと4月など年度初期に
広報するのが好ましい。

 そして上記の二種を踏まえ、表紙面には、
『曜日別ごみ収集における記載』、裏面に
『くらしの相談日程(問合せ先)』などを
記して、その間に『ごみ捨ての方法』や、
相談、苦情の事例、またHomepage上にある
『よくある質問(F.AQ)』や、各担当課の
URL等を記載する工夫が必要であり、その
『市民に対する実用性への配慮』によって
自治体の文化的向上が図れると想われる。

 よって、『(一)現状における暦形式の
ごみ収集を記した書類を曜日単位の表記に
変え一枚刷りにして、(ニ)その裏面には、
『くらしの相談』など、市民が困った時に、
市役所の担当課へと相談、連絡を行う為の
情報を表記、その間には、ごみ捨て方法、
よくある質問、HPへの誘導などを示して、
(三)それが保存可能で、利用をされ易い
形式』にされたく、その検討をされたい。

 なお、立川市の駅周辺では、若者世代や
外国人などの居住者による転入出が多いと
想われ、そうした人達にも親しみ易い表現
方法で、『文字よりも、絵柄(Icon)等で
表現をされる方が好い』のかとも想われ、
漫画形式でのも良いのかと想われるので、
それらを含めて、検討をされたい。

== 結語 ==
 現状での『ごみ収集の暦』でも良いが、
むしろ暦としての役割の方が強く、肝心な
『ごみ収集への認識』と言う役割への投資
と考えるならば、過剰なのかと想われる。

 また、その形式を使い、表面に曜日別の
ごみ収集予定日を記載して、その裏面には、
各種の生活相談(医療分野などを含む)、
その間に、ごみの捨て方などを記載して、
配布をするのだが、基本的な配布時期は、
やはり行政年度の初期と成る4月が善いと
想われる。

 更に、多文化共生、若者世代にも親しみ
且つ理解され、協力などを求める為にも、
漫画や絵図などで表現をした、ごみの捨て
方法や、各行政相談の窓口利用に関しての
手引き書にする事で、多くの人達に自治の
有り方を理解してもらえ、転入した人にも
解り易い自治体制となり、文化、自治性が
向上すること等も目論める。

 よって、それらの検討を行われたい。

==== 補足 ====
 ちなみに、HP上の『よくあるご質問』に
『ごみ・リサイクル』と枠があり、そこに
『ごみ出しカレンダー』と言う項目が有る
のだが、その Link(リンク)を辿ると、
先には、何も情報が無い。

 全項目を調べて無いが、上記の事例にと
伴って、「項目だけが記載をされているが、
その内容が無い」との物が多く有るのかと
想われる。

 そもそも何の為に『よくあるご質問』が
有るのか不明で、ある意味(投資の観点:
経費、労力の観点)で無駄かとも判断する。

 よって、今後も『よくあるご質問』を、
記載のするならば、相応の更新を行いつつ
それを管理するように求める。

 なお、種別だが、各課ごとに分けつつ、
項目を記載して、各主管課で内容を管理
することが好ましいのかと想われ、特に
立川市の場合は、Compliance月間などが
有る(本来ならSR月間など)のだから、
その時期に市民への適切な対応として、
更新状態を確認する業務を、各課の課長
責任で行わせる必要が有るのかと想われ、
それを市長の権限にて、庁舎全体に向け
検討されたい。

>語句
 ・SR - Social Responsibility
  ・社会的責任

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、重要内容の広報手段に付いて

天使 広報の方法で、伝わり方も変る!

悪魔 今までよりも、より解りに難く?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =