記事一覧

No.488 就労支援施設の設置に付いて

配信 平成25年07月02日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.488
作成 平成25年06月09日
課題 就労支援施設の設置に付いて
送付 平成25年06月09日

= 本文面に付きまして =
 現、元衆参議員、並びに各公共機関宛に
報告書を作成、配布を行っております。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 なお、担当や管轄に値をしない内容でも、
参考資料として認識されたく想っています。

(該当省庁、機関にも別配布を行っている)

= 趣旨 =
 Homeless、NEET対策を兼ねて、就労支援
施設の構築を検討されたい。

= 施設の内容 =
 NEET対策を含めて、一時的な居住地を
提供しつつ、就労訓練を受けれる施設で、
『寄宿学校形式』と成るが保護観察の
対応を受け、敷地外部へと自由に出入り
することは、規制をされる。軽犯罪法・
第一条・四号でと規制される関係から、
「一時的な居住地と、就労訓練を行なう
場所を提供するが、定住、定職を有して
いると言える状態でも無く、保護観察の
状態にあるのだから、行動が規制される」
との判断で、その施設を利用する人達の
人権などは、相応に保護をされる必要が
ある。(つまり懲罰者と異なるのだから、
偏見の無い世間的な地位の確保が必要と
なる)

 また、日本人の国籍を有している者に
限らず、海外からと出稼ぎに来た者達が
失職した場合でも、不法行為が成立して
無い限り(不法滞在など)では、申請に
より、就労の訓練を受ける権利を与え、
「国内で健全な就労(雇用主が、法規に
無知な海外からの労働者達を悪用して、
不当に雇用関係を維持すると言うことも
阻止するべく教育を行なう:つまりは、
労働法、労働者派遣法の学習も課題にと
含まれる)に勤めてもらう機会を与え、
先進国として世界的に手本と成るような
公共施設を設置する責務を果たす」との
観点で、検討をされたい。

 更に、「健全な就労よりも、悪行なら
利益を作れる」との性格では、共存性を
脅かす(平和を脅かす)ので更正される
必要も有るが、過剰にと公共機関が関与
する必要性も無く、大自然における自浄
効果などに期することも、重要かと想う
ところだが、大自然(公共の福祉)にと
悪影響を及ぼすと言うにまでに悪化する
可能性が有るのならば、事前に規制する
必要もある。

 よって就労支援施設は、刑務所などの
施設と異なるが、今時代における文化の
事情を踏まえ、相応な能力を身につけて
もらう必要が有り、そうした機関を造り
機能させる事で、経済的な効果が発揮を
されるのかと想われ、相応な施設、又は、
同等の機能を有する活動を公共機関にて
運用をされたい。

 なお、人の性(さが:性格)などにて
悪行にと利益性を求めつつ、それにより
利益を得ようとする心境へと、陥らせる
ことの無い世間を構築する必要も有り、
その『救いの網と成る機関(一般人が、
倫理性を維持する最低限度となる能力;
それらが劣化した生活環境なら、犯罪、
不法行為、不道徳な活動に着手する者が
出てくる可能性もあり、それを防ぐ為に
必要とされる機関)』が必要であるとの
解釈をされたい。

= 結語 =
 文化と教育の関係において、嘗ては、
第一次、第二世界大戦など、一般人達を
戦場へと送って人命を消耗させたりした
時代があり、教育によって人々の心身が
変化すると言うことは、人類の歴史から
見ても解る通りである。

 また現在でも、自爆 Terrorism の
他に、日本国内における電車などへの
飛び込み自殺など、世間体への反撃を
行なう心境へ陥る者達が後を絶たない。

 ちなみに、平成25年05月30、31日に
電車の人身事故が多発したが、それも
奇妙に感じている。

 古来から、洗脳や外部的にと人格を
操作することが有ったのかと想われ、
それらを悪用することは、昔からあり
『支配する者(物)と、支配される物
(者)』と言う感覚が強く、若者達が
世間にと反発をする原因に成っている。

 そもそも我が国(日本)の自由は、
憲法・第十二条に定めがある通りで、
それを逸脱する勝手な行為は、国家が
保障をしておらず、英語での Freedom
や Liberal などの語句用い、暴走する
若者達も多いのが現状である。(俗に
『やんきー』とと呼ばれる)

 なお、Homeless対策への取り組みは、
今回で最終とするつもりであり、後に
微調整を行なう程度に留めて、次いで
対暴力団、不良公務員の対策(公務員
試験に合格しても、実務的な観点から
公務員としての品質に欠けると判断を
するに至る公務員の排除など)にと、
着手を行なう。

日本の国民、その一人より

本文の発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(尚、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関(地方自治体を含む)
(尚、電子政府、各自治体のHPから送付 )

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、就労支援施設の設置に付いて

天使 古き良き物は、常に新しく・・・。

悪魔 そして歴史は、繰り返される♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =