記事一覧

No.496 職員用の各種手引書に付いて

配信 平成25年07月24日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.496
作成 平成25年07月01日
課題 職員用の各種手引書に付いて
送付 平成25年07月01日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 接遇 Manual(マニュアル)、Compliance
(コンプライアンス)読本、個人情報保護・
情報 Security(セキュリティ) Handbook
(ハンドブック)、職員倫理条例・規則
Guideline(ガイドライン)等が、立川市に
あるが、それらに付いて市役所の職員は、
どのような責任を行うかを確認する。

= 選択肢 =

(一)厳守の義務
(ニ)努力の義務
(三)情報提供(厳守、努力の義務が無い)
(四)その他

= 結語 =
 立川市役所の場合だと『理想と現実』に
ついての差が有り過ぎると判断している。

 共産(社会、理想の世界を追及する思想
や宗教観点を原点とする)主義圏で、よく
生じる経済的事情でもあると判断している。

 現状において各種の手引書は、『絵にと
描いた餅』でしかなく、それの遂行性でも
低い状態に有るのかと、国民として判断を
するに至っている。

 よって、立川市役所の職員には、各種の
手引書が、何の目的で作成されているのか
明確にされたく、相応な責任を職員達にと
課する必要も有るのかと想われる。

 なお、立川市役所では、『 始末書 』の
形式を用いて、事案発生に対処していると
言う形跡が無く、(管理職)職員も何かと
反省することが無く、憲法の前文すら説明
することが行えないのに、一般市民を軽蔑、
差別、人権の侵害などをすることも多いと
判断しており、それを市長が指揮している
ならば、改めてもらう(本来での始末書は、
再発を防止するために、注意の自己認識を
させる効果が有る。その為に、事の経緯を
始めから終わりまで記録させて、それらに
対する予防策を、当事者が適切に認識して
いるのか等を、管理職者が確認しつつも、
それらに欠如があるのなら、補足的に指導
するのが一般的で、それの実施を行わない、
または、同等の対応などを行わない職場は、
業務品質の劣化が生じることも予めに解り、
それらを改める)必要が有る。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、職員用の各種手引書に付いて

天使 手引書が何の為に有るのか?

悪魔 遂行義務なのか、努力義務なのか?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =