記事一覧

三脚型の貴台 修正

受送信の感度が、好ましくない!

 5D から 8D にと替えたのに、受送信の
感度が向上してない。

原因に付いて、思い当たる所

 今回は、三脚を使い、設置、移動、撤去
などを、簡単に行えるように加工した。

 その時に、「同軸に付いている片方側の
Connector(コネクター)を外して、再度に
付け直している」と言う点である。

 つまり、「Connectorを、半田で付け直す
ときに、不具合が生じた」のかと思える。

参考

 『 Connectorの加工方法』を、Internetで
調べたところ、以下の Site が参考に成った。

無線修理 8D-2V 同軸コネクター 取付方法

 ・M型コネクター取付方法

加工が「成功をしているか?」の確認(試験)

 参考の Site(サイト)を見ながら確認して
実験を行った。

  • Antennaを外して、Dummy Load(ダミーロード)を付けた。
  • 反射波が出なければ、加工が成功している

 実験したところ、「反射波が出ていた」ので、
「やはり半田の付け方が良くない」と判断した。

対策

 改めて、Connector と同軸が結合する部分を
分解して、結合の加工を適切に行った。

 そして再度に試験を行ったら、反射波も出て
おらず、直った。

 尚、「430MHzでは、反射波が微小に出ていた」
けども、問題が無いと判断した。

結語

 最初の加工で、『見よう見まね』で行っており、
結果から思えば、「やはり予めに学習をしてから、
加工を行った方が無難」なのかと想われる。