記事一覧

第56回 field Contest

今回も、SWL(受信だけ)の分野で参加

 ちょうど、100局の交信を受信したのですが、
Contest的に有効に成るのが、五分の三程度に
なると、(本日)その記録を電子化する時に、
気が付いた。

なぜ、五分の三しか有効に成らないのか?

 Field Contest の目的では、野外に移動して
運用を行う事にある。

 その為に、今回の Contest における得点の
条件では、「自分、または、相手局が移動運用を
行っている」と制限がある。

 その事情を把握しておらず、常置場所で運用を
行っている局との交信も記録してしまった。

 得点にと成らないだけで、SWLの活動としては、
問題が無く、SWL Card を後に発行する為の記録
と言う形で、別処理を行う事にした。

 また有効点と成る五分の三は、段階的に電子化
処理を行い、その後に(事後参加)申請を行う。

新しい Antenna の効力

 今回は、HF(3.5~50MHzまで)を、CP-6と言う
高性能 Antenna で参加を行った。

 本来なら、交信(QSO)での参加が行えたけど、
無線機との微調整や、特徴なども把握をしてない
状態にあり、電波障害の事情なども解らないので、
とりあえず、受信(SWL:傍受)での参加と成った。

 結果的には、3.5、7、14、21MHzで受信が行えた。

戦略

 各周波数は、自然現象によって、大きく変化を
する関係から、昼間、夜間の違いだけでも異なり、
今回では、即席に『夜間は、3.5MHz、昼間に7MHz』
と狙いを定めた。

 結果的には、全体的に7MHzでの受信が多くて、
次いで、3.5、21、14と成る。

感想

 今回は、高性能な Antenna によって、これまで
よりも格段に良い無線の環境が整った。

 また、一気に得点率も増えた感じで、今回では、
記録方法に誤りが有ったが、それでも以前より
倍近くの記録と成っており、次回以降から、以前
よりも、格段に違った得点と成るのかと想う。

 でも私が Contest に参加するのは、『非常通信
訓練を兼ねている』ので、他のAmateur局のように
会話や交流を深める感覚や、Contest の高得点を
狙うつもりは、然程に無い。

 よって、無線環境が良くなれば、自然に得点も
上がると言う程度の感じで、留めるつもりです。

 なお、次回以降の Contest では、これまでは、
HF帯の交信訓練が、Antenna 環境の問題で行えて
無かった事から、積極的に交信部門へ参加しつつ、
各周波数の通信訓練を行う予定だけど、14MHz は、
私の資格だと交信が行えず、受信だけを行う予定
です。