記事一覧

Neuron(ニューロン)戦略

情報機関を育てる

 特定の情報を発信する機関として未熟だけども、
その情報を将来に発信する事が可能に成ることを
促す。

 つまり「特定情報や、未だ情報収集を行って
ないが、機関的に特化して収集を行えて、且つ
将来的にも必要だとされる重要性を伝えつつ、
その情報を誰が必要とされるのかも明確にする」
との論述である。

解説

 これは、行政機関など統計や色々な情報などを
『収集している、収集し易い』とされる機関が、
「将来に必要とされる情報を保有している。又は、
特化的に収集が可能である場合は、それら情報が
世間的に、どう重要なのかを説明しつつ、それの
保持管理を行い、また将来的にも情報を必要だと
される機関に対して、情報提供を行うことを促す」
と言う、将来に情報の発信基地と成り得ることや
その重要性を伝え、認識させる事を目的とする。

 よって、「情報収集、伝達の課題における核を
造る」ことを意味する。

・語句
 ・Neuron(ニューロン) - Wikipedia