記事一覧

正引き作戦

簡略的な説明

 異なる立場に有る者達を、行政機関が中継を
行って、結びつける効果を期待する戦略である。

実例 情報の需要と供給を活性化させる

 Neuron 作戦に類似しており「既に情報として
有るが、それを Internet 上(の HP )などにで
提供を行ってない情報を、公開するするようにと
促す」ことを目的とする等に用いる。

 例えば「公的機関が特定情報を有していても、
それを Internet上(HPなど)で、未だ提供を
行ってない場合、その情報公開を要求する」等の
論述となる。

実例 公務員の自覚と、国民による行政への理解を求める

 「公務員達は、基本的に憲法、法律に基づいて
公務に従事している」との関係から、一般者へと
公務について説明を行う時には、『公務の根源と
成る法規などを明確にする』との必要性が有る。

 それを行える公務員が(裁判官を含め)少なく
人材(公務員)をRobot(ロボット:もともとは、
作業を行う物)化して、完全な服従型の人間にと
公務員が成り代わってしまっている事が多い。

 そこで、公務員としての自覚と、普遍な(憲法の
理念)志を再確認させ、それに基づく公務の有り方
などを説明した後に「一般の国民に対して公務員は、
自らの公務内容を理解してもらう為に、憲法や法律、
規律、必要な限りで業務の要綱などに記載をされて
いる条文を、偽り、誤り無く伝える事の重要性」も
憲法・第九十九条の観点から再認識させ、『一般の
国民に、理解され難い憲法、法律、規律や、それと
行政の関係を理解してもらう能力(IT:Information
Technology)の重要性』を把握させつつ、それらの
効力により、「国民が、憲法、法律、規律に対する
理解と、行政の機関、そして国民が自らの立場を
『正引き』する」と言う現象を生じさせる。

 つまり情報処理学で言う所の『正引き』のように、
憲法、法律や規律を、行政が『正引きする効果』を
期する戦略などに用い、「公務員側では、その時に
'' DNS Server ''の効果と等しく、憲法や法律、
規律と、国民を結びつける役割を担う」ことを工作
する時に用いる。

 よって、公務員は、公務員試験などで法規を学び、
憲法・第九十九条や、公務員と成る時に行ったかと
想われる宣誓書にと記載の有る内容を基に、『国家
(憲法)と、国民とを結びつける』との効果を発揮
する為の戦略に用いた作戦でもある。 

・語句
 ・正引き - Wikipedia
  ・DNS - Wikipedia
   ・DNS Server - Wikipedia