記事一覧

Resolver(リゾルバァ)戦略

慣用語と常用語の結びつけ

 本来だと Resolver は、情報処理学における
Network 関係の用語となる。

 戦略としては、慣用的に使われている語句と、
一般人が常識的に把握している語句を結びつける
時などに、『解決をする技能』を習得する」為の
との論述である。

実例 公務員による国民への説明を明確にする作戦

 警察官や他の公務員などで、職場の慣用語
などを用いて、一般国民と会話する輩が居る。

 嘗ては、『業界用語』等と呼ばれ、それの
業界関係者である事を相手に想わせる為にと
用いられたり、単に慣用語が常用語としての
認識となり、一般人と接する時に過失適にと
使うことも有る。

 それらを踏まえ、警察庁など、各行政での
機関では、「一般の国民と言葉を交わす時は、
慣用語を用いず、適切な語句で説明を行う」
との要望を行っている。

 逆に、慣用語を使われると、解り難い事が
多く、それらを踏まえ、業界用語と言うより
『第三者に解り難い隠語』として使われると
言うことも有り、公務上において、それらの
必要性は、基本的に無いと判断をしている。

 よって警察機関に限らず、全行政機関にて
使われる慣用語は、一般国民と接する時に、
標準語へと直して言うようにする事を求めた
作戦でもある。

憲法、法律、規律と公務や国民生活の結びつけ

 Domain 戦略と類似するが、例えば、風営法
と俗に言う法律の正式名称は、『風俗営業等の
規制及び業務の適正化等に関する法律』である。

 このように、業界の慣用語と言うよりは、
『俗称と正式名称が結びつかない法律など』で
生じる問題を解決する立場に有る者を意味して
おり、それを『(一)自らが解決するのか、
(ニ)第三者に問うのか』の業務習慣を身に
つけてもらう。

 つまりは、ITの技能における観点から、
「自分で使っている語句が、正式に何を意味
するのか理解し得ない場合は、(一)自らが
調べるか、(ニ)第三者にと確認して解決を
するか」を判断しつつ、『不適切、不実なる
返答を行わない(予防する)』との業務対応
能力を得てもらう。

 それによって、不明確な返答を無くしつつ
人間関係上の信頼性を高品質で維持する事が
目的の戦略と成る。